2008年09月21日

浜名湖釣行記(台風後は真夏!?)

南方で迷走していた台風がついにこの地方にやってきた。台風通過直後の釣行が可能かみーこと浜名湖に向かう。現地に到着、海を見る限り穏やかである。釣りができるとなればエサとなるカニをみーこと捕獲する。数年前みーこは、大きなイシガニに指を挟まれカニ恐怖症になっていたが、小さいカニは触れるようになった。その後、マイさんと合流して沖の堤防に上陸。潮は上げてはいるが濁りがあり良さそう。みーこは青イソメをエサにカワハギ狙い。この夏、キスは大はずれだったのでカワハギは頼んだぜ。

カワハギはどこ?

仕掛けの準備ができ、早速釣りを開始。一応こじこじは本命チヌ狙い。あちこち潜んでいそうなところを探っていく。途中、カカカッ・・・とあたりがありエサのカニがない。何度やってもカニだけ盗られる。むきになり15分くらい粘ってようやく掛けることに成功したが、正体はフグで貴重な時間とカニを消費してしまった。潮が上げてくると濁りもなくなり厳しい状況になってきた。ここで本命は無理とガッキー&サンバ狙いに変更。小さい針に小さいカニを付けヘチ、パイプの陰に落としていくとガツガツと竿に振動があり、これを合わせてサンバをゲット。

サンバ(画像は別の日のもの)


みーこの釣ったシマシマ

しかし、この日は風も無く真夏のような日差しにどんどん体力を奪われていく。ヘチでガッキーを追加したが、スカリに持っていくのがしんどい。そこにみーこが来たので、タモに入れたガッキーをスカリに入れてくるよう頼んだ。みーこの竿はここに置いてていい?いいよいいよ、こじこじが見といてあげる。ふぅ〜これで少し休める・・・と思っていたらガガガージャポン!!とみーこの竿が海に落ちたではないか。ありゃりゃ〜これは大変、タモタモタモっーて、みーこが持って行ってしまった。竿が沈んでは一大事、猛ダッシュでみーこからタモを取り上げ間一髪セーフ。竿を落とした犯人がコッパグレで助かった。エサを付けたまま竿を置いていくな。ここに置いといていいって言ったじゃん。た、たしかに言ったが、エサが付いてるとは知らんかったし・・・塩水に浸かったリールは帰ったらメンテナンスが必要だなぁ〜くそ。気のせいかみーこに頼んだら余計に疲れたような気がする。結局、みーこのカワハギも空振りでグレのオンパレード。カニもどんどん消耗していく?不思議に思っていたら、みーこがカニを使ってやがる。そうか、カニを触れるようになったということは、自分の針にも付けれるということか。そして正午のサイレンを待たずにイソメ、カニどちらも底を尽き終了〜。

グレはお魚ハンバーグです

posted by こじこじ at 19:55| 🌁| Comment(42) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

浜名湖釣行記(アオリ登場)

8月最後のこの日はT君親子と浜名湖での釣りである。早朝の釣りを予定していたが、玉五郎さんからのアドバイスで急遽午後に変更した。みーこは農園クラブのため不参加。この日はオキアミをエサに使った五目釣りで美味しい魚ならなんでもウエルカムの釣りある。

小さい名人

魚がいっぱい見える?

上陸した時間はまだ上げ潮が凄く浮き釣りは厳しいと思いカニをエサにヘチを落とし込みでチヌを狙う。潮に浮きを乗せて歩く釣りも大変だが、ヘチ釣りもあちこち探り歩くのでこれもまた大変である。まあ、ぼーと竿を出していても釣れないということやね。で、あちこち探るもあたりなし。今日はだめかなと思っていたらやっと竿先にガツガツとあたり合わせるとチヌが掛かった。さらに2枚目を狙うため、いいポイントがないか歩いていると、目の前にオアリイカが2杯浮いてきたではないか。むむむ、これはなんとか釣らねば。しばらく様子を見ていると小魚を狙って時々海面付近まで追ってきているようだ。道具箱にコウイカ釣りで使ったエギがあることを思い出した。専用ロッドはないがこのUGロッドでなんとか釣るしかない。猛ダッシュで道具を置いてある場所に行き、エギを素早くセットして元のポイントに到着するもイカの姿が見えない。潮に乗ってどこかに移動したようだ。潮の流れを確認しつつ探すこと数分ついに発見。落とし込み用のリールなので投げることができない。ほとんどノベ竿状態でエギを放り込んで様子を見ると1杯のイカがエギに寄ってきた。しかし抱きつくまでには至らない。おのれ〜これでどうだ。今度はエギをくねくねと踊らせてイカが寄ってきたところでさらに激しくエギダンス、その直後にフッと静かにフォールさせると我慢できないとばかりにイカが抱きついてヒット!!ほほほっお前も好きやねぇ〜。何はともあれいいお土産ができてよかった。

うれしい土産

その後、潮が緩んできたところで浮き釣りに変更するものの、アイゴが釣れただけで終了〜。T君親子は浮き釣りでグレを多数ゲット。グレも秋になれば30cmまでなら釣れるので、専門に狙えばおもしろい。

こじこじの釣果
posted by こじこじ at 10:44| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

ジギングで青物狙い

この日はJ君とジギングである。いつもなら浜名湖で黒鯛釣りであるが、不調のため赤羽根から乗合船で青物狙いの釣りを計画した。出船時間も午後のため、のんびりとした釣行はうれしい。ポイントは赤羽根港を出て5,6分と超近場で水深なんと10m。2,3回ジグをしゃくると海面から飛び出てきそうなくらい浅いが、ここでのゴールデンタイムは夕方のため、ジギング初挑戦のJ君にはいい練習になった。

太平洋ロングビーチ沖

釣り開始からしばらくは沈黙が続いたが、16時過ぎから反応が良くなり、小型ながらポツポツとハマチ、カンパチが釣れた。日没も近い時間に無線でワラサの回遊情報が入り、最後の勝負に船はワラサポイントへ急行する。

俺には漁師の血が流れているとJ

ポイントに到着したころは薄暗く終了寸前であったが、ワラサを夢みて何度もジグを投入するが反応なし。ここで船長から終了の合図、残念と思いジグを回収するために巻いているとガツンと重くなりワラサがヒット!!ドラグからラインがジジージーと勢い良く出て竿は満月、最後の最後でワラサが釣れた。ばんざ〜い!!ジギング初挑戦のJ君も青物の豪快な釣りを楽しめてよかったよかった。

最後の最後でゲットしました
続きを読む
posted by こじこじ at 22:08| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

浜名湖釣行記(GWは厳しい)

5月最初の釣りは日中の日差しを避けて夕方からみーこと釣行することにした。沖堤に上陸するとクロさんがメンバーの方と釣りに来ていた。状況を聞くと大物のばらしがあったものの厳しいとのこと。また別の沖堤には宿さんが上陸しているとのことで携帯から様子を聞くもやはり厳しいとのこと。こちらはみーこと夜釣りで勝負というと昼間みんながエサをいっぱい撒いたから釣れますよ〜とのありがたい言葉を頂いた。日没ころからオキアミのエサで本命を狙うがコッパグレの猛攻で釣りにならない。19時を過ぎたころからようやくエサが盗られなくなりチャンス到来。真っ暗な海に2個の赤い光が漂っていたのが、ひとつの赤い光がぼ〜と暗い海中に引き込まれていく。あたりがあったのはみーこの浮きだった。合わせると25cmくらいのグレ、次もグレがみーこに掛かる。3度目も同様の引きがありこれもグレだと思い「抜け、抜いちまえそんなもん」と言うとみーこも強引に釣り上げようとするが、思うようにいかず、しょうがないなぁ〜でラインを手繰り寄せて堤防に釣り上げ、ライトで照らしてみるとこれが本命29cmのチヌだった。ぐは〜このままではまたみーこに負けてしまう!今日はこじこじが釣るまで帰らんからな〜と言うと、みーこは早くも余裕のおやつタイム。粘って粘って20時ころに大きなあたりがあり本命と確信。みーこは魚が暗くてどこだか分からんとタモ係りを拒否!!おのれ〜なんとか暗闇の中でこれを掬うと37cmのチヌでばんざーい。

どうにか釣れました

大潮のこの日はアサリ&釣りの予定で、みーこと浜名湖に向かう。豊川付近では大雨になったので計画を中止して映画鑑賞に変更しようかと思ったが、アサリに燃える女みーこはやる気満々なので強行することにした。ボートでアサリポイントに上陸するも雨がパラパラと降っているので60分限定で食材ゲットに二人で励むことにした。潮溜まりにサイマキを発見、へへへ〜これは海老天だな。最終的に3匹捕獲してボートの生簀に入れたが、後で生簀を見るとタコ用に飼っていた蒲郡産のカニの餌食になっていた。くぅ〜高級海老を食べたお前達にはこれからしっかり働いてもらうから覚悟しとけよ!!

雨にも負けず・・・

一度港に帰り遅いランチを済ませ釣りには時間があったので海釣り公園に行くと、サビキで豆アジが釣れていた。これはこれでおもしろそうとしばらく近くで見学していると、足元に広がる藻の中にコウイカがふわふわと漂っているではないか。これは釣るしかない、急いで車からエギと竿を持ってきてコウイカを探すがどこにもいない。あちこち探っていくがあたりなしで残念。

豆アジが釣れていました

コウイカに夢中になっていたため予定より遅くなったが、暗くなる前になんとか出船すると航路に大量の流れ藻がありスクリュウのペラに絡むこと3回。その度にエンジンを切り絡んだ藻を外し上陸したころには日没寸前であった。それでも上げ潮がまだ勢いよく流れておりとても釣りにならず、みーこは堤防裏の浅いポイントで竿をだす。暗くなるまでコッパグレばかりであったが、19時ころからようやくコッパグレのあたりがなくなりエサが残るようになった。するとみーこに大きなあたりがあり、掛かった魚はドラグを鳴らしながら沖の駆け上がりに逃げていく。グレなら足元に突っ込むのでもしや本命かと思いタモで掬ってライトを照らしてみると30cmのグレで残念〜。(実はほっとしたといううわさが・・・)
20時からが勝負だと潮が緩むのをじっと我慢して待っていたが、西からの風が強くなりさらに強風となってきたので無念の撤収となってしまった。くやしい〜。

引きは強かったが・・・
posted by こじこじ at 21:13| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

浜名湖釣行記

この日は強風のため釣行できるか悩んだが、だめで元々とみーこと浜名湖に釣行した。なんとか出船することができたが強い西風に悩まされながらの釣りとなってしまった。堤防には浮きフカセの同業者が4,5名いるが、釣れていないようだ。あまりにも魚の反応が悪いので先端で釣っている釣り師の見学に行き、しばらくして釣り座に帰ってくると、みーこがニコニコ顔で「スカリの中をみて〜」と、言うのでどうせグレかカサゴを釣って入れたのだろうとスカリの中を覗くと銀ピカに光る魚が居るではないか。参った!みーこは一人で大物をタモで掬えないはずだが?
みーこ曰く、タモは足元にあったが最後はラインを手繰って釣り上げたとか・・・。やるじゃん。

スカリの中で光る本命

ボートに買ったばかりの集魚材を置いていたら、カラスにめちゃくちゃにされていた。10%OFFで4袋もまとめ買いしたが20%くらいカラスに喰われた。あのやろーいつかぎゃふんと言わせてやる!

2袋被害にあいました


4月最後の釣りは玉五郎さん、T君親子と行ってきました。早朝5時ころ出船するも潮は動かず厳しい釣りになりそう。ポイントに着き釣りの準備をしていると大きいイカが2杯泳いでるのをT君が発見。むむっ一瞬脳裏にエギが浮ぶが、いきなりエギを投げていたのでは玉五郎さんが悲しむよな〜で、ここはぐっと堪えて本命狙い。しかし釣れるのはグレばかり。潮が止まり本命の気配が無くなったところでエギにチェンジして浮気のコウイカを狙うことにした。西側の堤防まで行ったところでコウイカ発見。エギを目の前に落とすと飛びついてきたので合わせるとこれが足一本とやばい。タモがない!T君に携帯でヘルプするも反応なしで万事休すか。半分あきらめていたところに現れたのが神様、仏様、マイ様、マイさんにタモで掬っていただきました。黒鯛専用のタモを墨で黒くしてごめんなさい!

ジェット噴射GO

その後、自分のタモを片手にさらに西側で1杯ゲット。これはボートが近かったので生簀に入れた。止まっていた潮が僅かではあるが動き出したので再度本命狙いに戻すが、やはりオキアミだとグレばかりである。そんな中、団子で玉五郎さんが本命ゲット!!ぐはぁ〜流石!!T君親子も仲良くグレ釣りを楽しんだようでよかったよかった。

小さな釣り名人

いいサイズです♪

最後に玉五郎さん、タマゴご馳走様でした。T君もお土産たくさん頂き感謝感謝です。

posted by こじこじ at 19:14| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

浜名湖釣行記(どうにかこういか)

この日もみーこと浜名湖で黒鯛対決。早朝現地に着くも雨が降っているためにしばらく車で待機してボートに乗る。出船のためエンジンを始動させようと思ったら、なんか小さな部品が落ちている。バネに針金がくっついたような物であるが何の部品か判らない。なんとなく嫌な予感がしたが、案の定エンジンが掛からない。いつものごとく、マリーナさんに携帯からヘルプすると、この落ちている部品はエンジンと燃料ホースを接続するのに必須とのこと。修理に来てくれるまで待つことにしたが、この部品をエンジンの接続部に繋げば動くのではないかと勝手に判断し、小さな穴にぐいぐい差し込んでいくと、バネが反動でびょ〜んと跳ねて部品が海にポチャンと落ちて沈んでしまった。「マリーナさんが来るまでおとなしく待っていればよかったのに〜」と、みーこが怒る。やってしまったものはじたばたしてもしょうがない。幸いマリーナさんが予備の部品を持参していたので無事修理完了。沖堤上陸は7時過ぎと出遅れたが、下げ潮でチヌ2枚ゲット!!さらに浮き仕掛けにコウイカまで釣れてびっくり。もしやコウイカが群れているのでは?またしても勝手に想像を膨らませエギにチェンジして狙うがまったく反応なし。さらにテンヤでタコも狙うがテンヤロストでがっくし。みーこはさらに悲惨な釣りでエサ盗りのみで終了。潮が良いので帰りにアサリをサクサクゲットして、チヌはお世話になってるマリーナさんの生簀に放流して本日終了〜。

タモ係りはみーこ

みーこに完勝!!

これな〜んだ
posted by こじこじ at 20:56| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

浜名湖釣行記(みーこ好調)

この日はボート変更の手続きで浜名湖にみーこと向かう。大潮なのでマリーナでこじこじがボートの商談をしている時間にみーこはちょいとアサリ掘り。すると、知人のKさんから連絡があり夕方から沖堤の夜釣りで合流することになった。みーこのアサリはぼちぼちで我が家の食材分はきっちり確保し、夕方から予定通り沖堤に上陸する。
釣りの準備をしているところにKさん登場。勝負は潮が緩む日没前後と思っていたら、一投目でなんとKさんに本命がヒット。さらに日没直後に2枚目をゲット。これにみーこが続くがKさん3枚目をゲット。負けじとみーこも2枚目を釣る。Kさんとみーこは同じ時期に釣りを始めたため、みーこにとってKさんは心のライバルなのだ。で、こじこじは完全に蚊帳の外状態で丸坊主。

日没勝負?

こじこじ坊主

2週目はアサリ掘りには向かない潮のためみーこはチ○ユでこじこじはタコを狙う。後半は二人で本命でもあるチヌを狙うことにした。チ○ユは群れが移動したらしくどこを探ってもあたりなし。常連さんの話しではお昼ころはよく釣れたらしい。タコは同業者が多く厳しい状況ではあったが、なんとか一杯ゲットに成功。するとみーこがイカが泳いでいるのを発見、すぐにタモを持って現場に急行した。泳いでいたイカは3匹、タモで掬うチャンスをうかがい水面近く浮いたイカを一杯ゲット♪ 日没後のチヌ釣りは、先週に続いてみーこが絶好調で37cm、34cmと2枚ゲット。こじこじは27cm1枚のみで坊主を免れることが精一杯だった。

イカ&タコ

もうひとつの楽しみ?

食材としてはOK




posted by こじこじ at 20:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

浜名湖釣行記(黒鯛&黒服)

本日、早朝狙いでいつものところに単独釣行した。釣り開始が7時頃、間もなく満潮かという時間で潮位は最高に近かった。一投目からエサ盗りの反応があり、魚の活性は高い。しばらくすると本命が掛かり無事ゲット。しかし、その後の反応が悪い。本調子であれば、ここから2枚、3枚と追加できるはずなのだが、釣れてくるのはチビベラばかり。こうなると次は潮変わりのチャンスを待つしかない。9時頃になると潮もトロトロになるが、どこからともなく和船が現れタコ釣りを始めた。舟はゆっくり潮に乗って流れてくるが、ポイント付近で停滞?こりゃだめだと休憩する。

タコもまだまだ・・・

しばらくするとタコ狙いの和船は居なくなり釣りを再開しようと思ったら今度は黒服登場。先端付近から探っているのでこじこじが黒服から逃れるように堤防中央付近に移動する。勝負は黒服が来るまでの短い時間である。潮の流れと底の状態を確認しながらタナを微調整、潮も澄んできたのでハリスのサイズも落とす。時間はないが、これらの作業をやるかやらないかで、釣果に差が出てくる。(と、思う。多分?)黒服が迫る中で本命ヒット!!この獲物はこじこじのだよ〜ん。と、目の前でタモ入れして本日の釣り終了〜。今回の獲物はお世話になっているマリーナの生簀に放流しました。

一度一緒に潜ってみたい

上出来です
posted by こじこじ at 18:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(一日目)
今日は同僚と浜名湖に黒鯛狙いである。同僚は年に数回しか釣行できないので、なんとしても釣ってもらいたいと実績のある時間帯、潮を選んで釣行計画を立てた。同僚にはエサが続く限りやろうと気合を入れて釣り開始。上げ潮が動き出す絶好のタイミングに釣れてくるのはグレ。水温が高いのか、グレの活性が高い。浮きがなじむとツツーと水中に浮きが沈んでいく。これもグレかと軽く合わせるとぐい〜んと引っ張られ穂先が海面に突き刺さる。げげ、本命だー。しかし体勢を整えるひまもなくばらしてしまった。完全に油断した。ここから浮きに集中して3枚ゲット。同僚にもあたりはあるものの掛けることができず日没を向かえて電気浮きにチェンジする。日没直後はカサゴ、メバルが釣れて本命の期待も高まったが、その後、魚の気配すらなくなってしまった。このままでは同僚が坊主になるのでポイントを大きく移動して下げ潮で再チャレンジすると、同僚に25cm未満が連発して、その後なんとか27cmをゲットできて一安心。

大漁♪

浜名湖釣行記(二日目)
二日目はみーことの釣行である。今日は爆釣でみーこに大勝してやろうと思っていたら、みーこはちっちゃいもの釣る〜、おっととと、そうきましたか!みーこにはハイ○ーパニックで潮の流れの早いところで釣り座を構える。こじこじは潮が緩いポイントで浮き釣り。ところが浮きに魚の反応なし?潮はだんだんと早くなり激流となる。昨日とは違いあて潮で仕掛けが足元に吸い込まれる。日没終了予定なのでこのタイミングで釣れないとやばい。しばらくするとみーこが来た。なんでもサビキが絡んで40分くらいほどいていたがさらにくちゃくちゃになりあきらめたとか。まさにハイ○ーパニック、みーこも貴重な時間を潰していたとは。お互い思い通りの釣果とは行かず残念〜。

なんとか1枚

ちっちゃいもの
posted by こじこじ at 17:41| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

浜名湖釣行記

2月最初の日曜日は玉五郎さんと沖堤に渡り黒鯛狙い。途中マイさんも上陸してきて、本命を期待するものの惨敗。見える黒鯛はエサに無反応どころか逃げていく。潮はすかっと澄み切り底の方で優雅に泳ぐ黒鯛をうらめしそうに眺めるこじこじであった。

アイナメ・クジメ

2週目も懲りずに午前中、上げ潮狙いで単独釣行した。状況は前回と同じくスケスケの潮で黒鯛は底付近に見える。得意の浮きフカセで何度も流すが釣れてくるのはチンタのみ。今日もエサに反応しない。いったいどうなっているの?もしかしたら海底で優雅に泳ぐ黒鯛の姿は夢・幻か!!

スケスケ

3週目またまた行ってしまったいつものところ。2月はだめだって〜との声が聞こえてきそうだが、もしかしたら・・・で、午後から竿を出す。この日も澄み潮であったが西風が強く海面もざわざわとしていい感じ。エサ盗りはたまにチンタくらい。ロングハリスでゆっくりゆっくり流すと本命が掛かって、うひひひひ バンザーイ!!

ばんざーい

2月最後の釣行はついに「寒い!釣れん!退屈だ!!」と重い腰を上げなかったみーこが同行した。この日がみーこの初釣りである。ところが水温は10℃以下に下がっていて超厳しい。これはだめだとあきらめていたら、なんとみーこがアイナメ2連発!!先週豊浜のさかな広場で同サイズが1匹2000円くらいで売っていたが、こんなんでいいの〜とみーこ。ベラしか釣れなかったこじこじに最大級のイヤミをありがとう。くそっ

アイナメ

完敗

3月最初の釣行はメインがガリガリである。外Do師さんに悪魔の囁きをするものの、呪文は通じず残念。とりあえずアサリのお土産を確保していつものところにみーこと上陸するが、釣れる魚はフグ・チンタのみ。水温も低いし今日もだめかと思っていたらまたしてもみーこがアイナメを釣り、本命ではないものの連敗。なんで〜〜。

ガリガリ

3月も中旬になると日中は暖かい。春の陽気に誘われて釣りに出掛ける人も増えてきたこの日はみーこと初の夜釣りに挑戦した。早くに上陸していた宿さんの話しだと、日中は潮も動かずさっぱりとのこと。さらにマイポイントには多数の釣り人がいたため、釣り座は堤防の中央付近に陣取り日没を待って釣りを開始した。するとなんとみーこに今年初となる本命黒鯛が釣れてしまった。3連敗だけは避けたいと必死に粘り、餌切れ寸前にこじこじにも本命が釣れてドロー、時計を見たら22時だった。みーこは半分夢の中。

釣りよりダンゴ?

やられた〜

畑では夏野菜の準備が忙しい。ナス、キュウリ、ピーマン、トマト、シシトウなど等。農園クラブではそろそろ筍狩りで春本番!!
続きを読む
posted by こじこじ at 21:04| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。