こじこじの部屋

2008年09月15日

浜名湖釣行記(アオリ登場)

8月最後のこの日はT君親子と浜名湖での釣りである。早朝の釣りを予定していたが、玉五郎さんからのアドバイスで急遽午後に変更した。みーこは農園クラブのため不参加。この日はオキアミをエサに使った五目釣りで美味しい魚ならなんでもウエルカムの釣りある。

小さい名人

魚がいっぱい見える?

上陸した時間はまだ上げ潮が凄く浮き釣りは厳しいと思いカニをエサにヘチを落とし込みでチヌを狙う。潮に浮きを乗せて歩く釣りも大変だが、ヘチ釣りもあちこち探り歩くのでこれもまた大変である。まあ、ぼーと竿を出していても釣れないということやね。で、あちこち探るもあたりなし。今日はだめかなと思っていたらやっと竿先にガツガツとあたり合わせるとチヌが掛かった。さらに2枚目を狙うため、いいポイントがないか歩いていると、目の前にオアリイカが2杯浮いてきたではないか。むむむ、これはなんとか釣らねば。しばらく様子を見ていると小魚を狙って時々海面付近まで追ってきているようだ。道具箱にコウイカ釣りで使ったエギがあることを思い出した。専用ロッドはないがこのUGロッドでなんとか釣るしかない。猛ダッシュで道具を置いてある場所に行き、エギを素早くセットして元のポイントに到着するもイカの姿が見えない。潮に乗ってどこかに移動したようだ。潮の流れを確認しつつ探すこと数分ついに発見。落とし込み用のリールなので投げることができない。ほとんどノベ竿状態でエギを放り込んで様子を見ると1杯のイカがエギに寄ってきた。しかし抱きつくまでには至らない。おのれ〜これでどうだ。今度はエギをくねくねと踊らせてイカが寄ってきたところでさらに激しくエギダンス、その直後にフッと静かにフォールさせると我慢できないとばかりにイカが抱きついてヒット!!ほほほっお前も好きやねぇ〜。何はともあれいいお土産ができてよかった。

うれしい土産

その後、潮が緩んできたところで浮き釣りに変更するものの、アイゴが釣れただけで終了〜。T君親子は浮き釣りでグレを多数ゲット。グレも秋になれば30cmまでなら釣れるので、専門に狙えばおもしろい。

こじこじの釣果
posted by こじこじ at 10:44| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。