こじこじの部屋

2008年09月21日

浜名湖釣行記(台風後は真夏!?)

南方で迷走していた台風がついにこの地方にやってきた。台風通過直後の釣行が可能かみーこと浜名湖に向かう。現地に到着、海を見る限り穏やかである。釣りができるとなればエサとなるカニをみーこと捕獲する。数年前みーこは、大きなイシガニに指を挟まれカニ恐怖症になっていたが、小さいカニは触れるようになった。その後、マイさんと合流して沖の堤防に上陸。潮は上げてはいるが濁りがあり良さそう。みーこは青イソメをエサにカワハギ狙い。この夏、キスは大はずれだったのでカワハギは頼んだぜ。

カワハギはどこ?

仕掛けの準備ができ、早速釣りを開始。一応こじこじは本命チヌ狙い。あちこち潜んでいそうなところを探っていく。途中、カカカッ・・・とあたりがありエサのカニがない。何度やってもカニだけ盗られる。むきになり15分くらい粘ってようやく掛けることに成功したが、正体はフグで貴重な時間とカニを消費してしまった。潮が上げてくると濁りもなくなり厳しい状況になってきた。ここで本命は無理とガッキー&サンバ狙いに変更。小さい針に小さいカニを付けヘチ、パイプの陰に落としていくとガツガツと竿に振動があり、これを合わせてサンバをゲット。

サンバ(画像は別の日のもの)


みーこの釣ったシマシマ

しかし、この日は風も無く真夏のような日差しにどんどん体力を奪われていく。ヘチでガッキーを追加したが、スカリに持っていくのがしんどい。そこにみーこが来たので、タモに入れたガッキーをスカリに入れてくるよう頼んだ。みーこの竿はここに置いてていい?いいよいいよ、こじこじが見といてあげる。ふぅ〜これで少し休める・・・と思っていたらガガガージャポン!!とみーこの竿が海に落ちたではないか。ありゃりゃ〜これは大変、タモタモタモっーて、みーこが持って行ってしまった。竿が沈んでは一大事、猛ダッシュでみーこからタモを取り上げ間一髪セーフ。竿を落とした犯人がコッパグレで助かった。エサを付けたまま竿を置いていくな。ここに置いといていいって言ったじゃん。た、たしかに言ったが、エサが付いてるとは知らんかったし・・・塩水に浸かったリールは帰ったらメンテナンスが必要だなぁ〜くそ。気のせいかみーこに頼んだら余計に疲れたような気がする。結局、みーこのカワハギも空振りでグレのオンパレード。カニもどんどん消耗していく?不思議に思っていたら、みーこがカニを使ってやがる。そうか、カニを触れるようになったということは、自分の針にも付けれるということか。そして正午のサイレンを待たずにイソメ、カニどちらも底を尽き終了〜。

グレはお魚ハンバーグです

posted by こじこじ at 19:55| 🌁| Comment(42) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。