2008年09月21日

浜名湖釣行記(台風後は真夏!?)

南方で迷走していた台風がついにこの地方にやってきた。台風通過直後の釣行が可能かみーこと浜名湖に向かう。現地に到着、海を見る限り穏やかである。釣りができるとなればエサとなるカニをみーこと捕獲する。数年前みーこは、大きなイシガニに指を挟まれカニ恐怖症になっていたが、小さいカニは触れるようになった。その後、マイさんと合流して沖の堤防に上陸。潮は上げてはいるが濁りがあり良さそう。みーこは青イソメをエサにカワハギ狙い。この夏、キスは大はずれだったのでカワハギは頼んだぜ。

カワハギはどこ?

仕掛けの準備ができ、早速釣りを開始。一応こじこじは本命チヌ狙い。あちこち潜んでいそうなところを探っていく。途中、カカカッ・・・とあたりがありエサのカニがない。何度やってもカニだけ盗られる。むきになり15分くらい粘ってようやく掛けることに成功したが、正体はフグで貴重な時間とカニを消費してしまった。潮が上げてくると濁りもなくなり厳しい状況になってきた。ここで本命は無理とガッキー&サンバ狙いに変更。小さい針に小さいカニを付けヘチ、パイプの陰に落としていくとガツガツと竿に振動があり、これを合わせてサンバをゲット。

サンバ(画像は別の日のもの)


みーこの釣ったシマシマ

しかし、この日は風も無く真夏のような日差しにどんどん体力を奪われていく。ヘチでガッキーを追加したが、スカリに持っていくのがしんどい。そこにみーこが来たので、タモに入れたガッキーをスカリに入れてくるよう頼んだ。みーこの竿はここに置いてていい?いいよいいよ、こじこじが見といてあげる。ふぅ〜これで少し休める・・・と思っていたらガガガージャポン!!とみーこの竿が海に落ちたではないか。ありゃりゃ〜これは大変、タモタモタモっーて、みーこが持って行ってしまった。竿が沈んでは一大事、猛ダッシュでみーこからタモを取り上げ間一髪セーフ。竿を落とした犯人がコッパグレで助かった。エサを付けたまま竿を置いていくな。ここに置いといていいって言ったじゃん。た、たしかに言ったが、エサが付いてるとは知らんかったし・・・塩水に浸かったリールは帰ったらメンテナンスが必要だなぁ〜くそ。気のせいかみーこに頼んだら余計に疲れたような気がする。結局、みーこのカワハギも空振りでグレのオンパレード。カニもどんどん消耗していく?不思議に思っていたら、みーこがカニを使ってやがる。そうか、カニを触れるようになったということは、自分の針にも付けれるということか。そして正午のサイレンを待たずにイソメ、カニどちらも底を尽き終了〜。

グレはお魚ハンバーグです

posted by こじこじ at 19:55| 🌁| Comment(42) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

浜名湖釣行記(アオリ登場)

8月最後のこの日はT君親子と浜名湖での釣りである。早朝の釣りを予定していたが、玉五郎さんからのアドバイスで急遽午後に変更した。みーこは農園クラブのため不参加。この日はオキアミをエサに使った五目釣りで美味しい魚ならなんでもウエルカムの釣りある。

小さい名人

魚がいっぱい見える?

上陸した時間はまだ上げ潮が凄く浮き釣りは厳しいと思いカニをエサにヘチを落とし込みでチヌを狙う。潮に浮きを乗せて歩く釣りも大変だが、ヘチ釣りもあちこち探り歩くのでこれもまた大変である。まあ、ぼーと竿を出していても釣れないということやね。で、あちこち探るもあたりなし。今日はだめかなと思っていたらやっと竿先にガツガツとあたり合わせるとチヌが掛かった。さらに2枚目を狙うため、いいポイントがないか歩いていると、目の前にオアリイカが2杯浮いてきたではないか。むむむ、これはなんとか釣らねば。しばらく様子を見ていると小魚を狙って時々海面付近まで追ってきているようだ。道具箱にコウイカ釣りで使ったエギがあることを思い出した。専用ロッドはないがこのUGロッドでなんとか釣るしかない。猛ダッシュで道具を置いてある場所に行き、エギを素早くセットして元のポイントに到着するもイカの姿が見えない。潮に乗ってどこかに移動したようだ。潮の流れを確認しつつ探すこと数分ついに発見。落とし込み用のリールなので投げることができない。ほとんどノベ竿状態でエギを放り込んで様子を見ると1杯のイカがエギに寄ってきた。しかし抱きつくまでには至らない。おのれ〜これでどうだ。今度はエギをくねくねと踊らせてイカが寄ってきたところでさらに激しくエギダンス、その直後にフッと静かにフォールさせると我慢できないとばかりにイカが抱きついてヒット!!ほほほっお前も好きやねぇ〜。何はともあれいいお土産ができてよかった。

うれしい土産

その後、潮が緩んできたところで浮き釣りに変更するものの、アイゴが釣れただけで終了〜。T君親子は浮き釣りでグレを多数ゲット。グレも秋になれば30cmまでなら釣れるので、専門に狙えばおもしろい。

こじこじの釣果
posted by こじこじ at 10:44| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

ジギングで青物狙い

この日はJ君とジギングである。いつもなら浜名湖で黒鯛釣りであるが、不調のため赤羽根から乗合船で青物狙いの釣りを計画した。出船時間も午後のため、のんびりとした釣行はうれしい。ポイントは赤羽根港を出て5,6分と超近場で水深なんと10m。2,3回ジグをしゃくると海面から飛び出てきそうなくらい浅いが、ここでのゴールデンタイムは夕方のため、ジギング初挑戦のJ君にはいい練習になった。

太平洋ロングビーチ沖

釣り開始からしばらくは沈黙が続いたが、16時過ぎから反応が良くなり、小型ながらポツポツとハマチ、カンパチが釣れた。日没も近い時間に無線でワラサの回遊情報が入り、最後の勝負に船はワラサポイントへ急行する。

俺には漁師の血が流れているとJ

ポイントに到着したころは薄暗く終了寸前であったが、ワラサを夢みて何度もジグを投入するが反応なし。ここで船長から終了の合図、残念と思いジグを回収するために巻いているとガツンと重くなりワラサがヒット!!ドラグからラインがジジージーと勢い良く出て竿は満月、最後の最後でワラサが釣れた。ばんざ〜い!!ジギング初挑戦のJ君も青物の豪快な釣りを楽しめてよかったよかった。

最後の最後でゲットしました
続きを読む
posted by こじこじ at 22:08| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

浜名湖釣行記(GWは厳しい)

5月最初の釣りは日中の日差しを避けて夕方からみーこと釣行することにした。沖堤に上陸するとクロさんがメンバーの方と釣りに来ていた。状況を聞くと大物のばらしがあったものの厳しいとのこと。また別の沖堤には宿さんが上陸しているとのことで携帯から様子を聞くもやはり厳しいとのこと。こちらはみーこと夜釣りで勝負というと昼間みんながエサをいっぱい撒いたから釣れますよ〜とのありがたい言葉を頂いた。日没ころからオキアミのエサで本命を狙うがコッパグレの猛攻で釣りにならない。19時を過ぎたころからようやくエサが盗られなくなりチャンス到来。真っ暗な海に2個の赤い光が漂っていたのが、ひとつの赤い光がぼ〜と暗い海中に引き込まれていく。あたりがあったのはみーこの浮きだった。合わせると25cmくらいのグレ、次もグレがみーこに掛かる。3度目も同様の引きがありこれもグレだと思い「抜け、抜いちまえそんなもん」と言うとみーこも強引に釣り上げようとするが、思うようにいかず、しょうがないなぁ〜でラインを手繰り寄せて堤防に釣り上げ、ライトで照らしてみるとこれが本命29cmのチヌだった。ぐは〜このままではまたみーこに負けてしまう!今日はこじこじが釣るまで帰らんからな〜と言うと、みーこは早くも余裕のおやつタイム。粘って粘って20時ころに大きなあたりがあり本命と確信。みーこは魚が暗くてどこだか分からんとタモ係りを拒否!!おのれ〜なんとか暗闇の中でこれを掬うと37cmのチヌでばんざーい。

どうにか釣れました

大潮のこの日はアサリ&釣りの予定で、みーこと浜名湖に向かう。豊川付近では大雨になったので計画を中止して映画鑑賞に変更しようかと思ったが、アサリに燃える女みーこはやる気満々なので強行することにした。ボートでアサリポイントに上陸するも雨がパラパラと降っているので60分限定で食材ゲットに二人で励むことにした。潮溜まりにサイマキを発見、へへへ〜これは海老天だな。最終的に3匹捕獲してボートの生簀に入れたが、後で生簀を見るとタコ用に飼っていた蒲郡産のカニの餌食になっていた。くぅ〜高級海老を食べたお前達にはこれからしっかり働いてもらうから覚悟しとけよ!!

雨にも負けず・・・

一度港に帰り遅いランチを済ませ釣りには時間があったので海釣り公園に行くと、サビキで豆アジが釣れていた。これはこれでおもしろそうとしばらく近くで見学していると、足元に広がる藻の中にコウイカがふわふわと漂っているではないか。これは釣るしかない、急いで車からエギと竿を持ってきてコウイカを探すがどこにもいない。あちこち探っていくがあたりなしで残念。

豆アジが釣れていました

コウイカに夢中になっていたため予定より遅くなったが、暗くなる前になんとか出船すると航路に大量の流れ藻がありスクリュウのペラに絡むこと3回。その度にエンジンを切り絡んだ藻を外し上陸したころには日没寸前であった。それでも上げ潮がまだ勢いよく流れておりとても釣りにならず、みーこは堤防裏の浅いポイントで竿をだす。暗くなるまでコッパグレばかりであったが、19時ころからようやくコッパグレのあたりがなくなりエサが残るようになった。するとみーこに大きなあたりがあり、掛かった魚はドラグを鳴らしながら沖の駆け上がりに逃げていく。グレなら足元に突っ込むのでもしや本命かと思いタモで掬ってライトを照らしてみると30cmのグレで残念〜。(実はほっとしたといううわさが・・・)
20時からが勝負だと潮が緩むのをじっと我慢して待っていたが、西からの風が強くなりさらに強風となってきたので無念の撤収となってしまった。くやしい〜。

引きは強かったが・・・
posted by こじこじ at 21:13| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

浜名湖釣行記

この日は強風のため釣行できるか悩んだが、だめで元々とみーこと浜名湖に釣行した。なんとか出船することができたが強い西風に悩まされながらの釣りとなってしまった。堤防には浮きフカセの同業者が4,5名いるが、釣れていないようだ。あまりにも魚の反応が悪いので先端で釣っている釣り師の見学に行き、しばらくして釣り座に帰ってくると、みーこがニコニコ顔で「スカリの中をみて〜」と、言うのでどうせグレかカサゴを釣って入れたのだろうとスカリの中を覗くと銀ピカに光る魚が居るではないか。参った!みーこは一人で大物をタモで掬えないはずだが?
みーこ曰く、タモは足元にあったが最後はラインを手繰って釣り上げたとか・・・。やるじゃん。

スカリの中で光る本命

ボートに買ったばかりの集魚材を置いていたら、カラスにめちゃくちゃにされていた。10%OFFで4袋もまとめ買いしたが20%くらいカラスに喰われた。あのやろーいつかぎゃふんと言わせてやる!

2袋被害にあいました


4月最後の釣りは玉五郎さん、T君親子と行ってきました。早朝5時ころ出船するも潮は動かず厳しい釣りになりそう。ポイントに着き釣りの準備をしていると大きいイカが2杯泳いでるのをT君が発見。むむっ一瞬脳裏にエギが浮ぶが、いきなりエギを投げていたのでは玉五郎さんが悲しむよな〜で、ここはぐっと堪えて本命狙い。しかし釣れるのはグレばかり。潮が止まり本命の気配が無くなったところでエギにチェンジして浮気のコウイカを狙うことにした。西側の堤防まで行ったところでコウイカ発見。エギを目の前に落とすと飛びついてきたので合わせるとこれが足一本とやばい。タモがない!T君に携帯でヘルプするも反応なしで万事休すか。半分あきらめていたところに現れたのが神様、仏様、マイ様、マイさんにタモで掬っていただきました。黒鯛専用のタモを墨で黒くしてごめんなさい!

ジェット噴射GO

その後、自分のタモを片手にさらに西側で1杯ゲット。これはボートが近かったので生簀に入れた。止まっていた潮が僅かではあるが動き出したので再度本命狙いに戻すが、やはりオキアミだとグレばかりである。そんな中、団子で玉五郎さんが本命ゲット!!ぐはぁ〜流石!!T君親子も仲良くグレ釣りを楽しんだようでよかったよかった。

小さな釣り名人

いいサイズです♪

最後に玉五郎さん、タマゴご馳走様でした。T君もお土産たくさん頂き感謝感謝です。

posted by こじこじ at 19:14| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

浜名湖釣行記(どうにかこういか)

この日もみーこと浜名湖で黒鯛対決。早朝現地に着くも雨が降っているためにしばらく車で待機してボートに乗る。出船のためエンジンを始動させようと思ったら、なんか小さな部品が落ちている。バネに針金がくっついたような物であるが何の部品か判らない。なんとなく嫌な予感がしたが、案の定エンジンが掛からない。いつものごとく、マリーナさんに携帯からヘルプすると、この落ちている部品はエンジンと燃料ホースを接続するのに必須とのこと。修理に来てくれるまで待つことにしたが、この部品をエンジンの接続部に繋げば動くのではないかと勝手に判断し、小さな穴にぐいぐい差し込んでいくと、バネが反動でびょ〜んと跳ねて部品が海にポチャンと落ちて沈んでしまった。「マリーナさんが来るまでおとなしく待っていればよかったのに〜」と、みーこが怒る。やってしまったものはじたばたしてもしょうがない。幸いマリーナさんが予備の部品を持参していたので無事修理完了。沖堤上陸は7時過ぎと出遅れたが、下げ潮でチヌ2枚ゲット!!さらに浮き仕掛けにコウイカまで釣れてびっくり。もしやコウイカが群れているのでは?またしても勝手に想像を膨らませエギにチェンジして狙うがまったく反応なし。さらにテンヤでタコも狙うがテンヤロストでがっくし。みーこはさらに悲惨な釣りでエサ盗りのみで終了。潮が良いので帰りにアサリをサクサクゲットして、チヌはお世話になってるマリーナさんの生簀に放流して本日終了〜。

タモ係りはみーこ

みーこに完勝!!

これな〜んだ
posted by こじこじ at 20:56| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

浜名湖釣行記(みーこ好調)

この日はボート変更の手続きで浜名湖にみーこと向かう。大潮なのでマリーナでこじこじがボートの商談をしている時間にみーこはちょいとアサリ掘り。すると、知人のKさんから連絡があり夕方から沖堤の夜釣りで合流することになった。みーこのアサリはぼちぼちで我が家の食材分はきっちり確保し、夕方から予定通り沖堤に上陸する。
釣りの準備をしているところにKさん登場。勝負は潮が緩む日没前後と思っていたら、一投目でなんとKさんに本命がヒット。さらに日没直後に2枚目をゲット。これにみーこが続くがKさん3枚目をゲット。負けじとみーこも2枚目を釣る。Kさんとみーこは同じ時期に釣りを始めたため、みーこにとってKさんは心のライバルなのだ。で、こじこじは完全に蚊帳の外状態で丸坊主。

日没勝負?

こじこじ坊主

2週目はアサリ掘りには向かない潮のためみーこはチ○ユでこじこじはタコを狙う。後半は二人で本命でもあるチヌを狙うことにした。チ○ユは群れが移動したらしくどこを探ってもあたりなし。常連さんの話しではお昼ころはよく釣れたらしい。タコは同業者が多く厳しい状況ではあったが、なんとか一杯ゲットに成功。するとみーこがイカが泳いでいるのを発見、すぐにタモを持って現場に急行した。泳いでいたイカは3匹、タモで掬うチャンスをうかがい水面近く浮いたイカを一杯ゲット♪ 日没後のチヌ釣りは、先週に続いてみーこが絶好調で37cm、34cmと2枚ゲット。こじこじは27cm1枚のみで坊主を免れることが精一杯だった。

イカ&タコ

もうひとつの楽しみ?

食材としてはOK




posted by こじこじ at 20:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

浜名湖釣行記(黒鯛&黒服)

本日、早朝狙いでいつものところに単独釣行した。釣り開始が7時頃、間もなく満潮かという時間で潮位は最高に近かった。一投目からエサ盗りの反応があり、魚の活性は高い。しばらくすると本命が掛かり無事ゲット。しかし、その後の反応が悪い。本調子であれば、ここから2枚、3枚と追加できるはずなのだが、釣れてくるのはチビベラばかり。こうなると次は潮変わりのチャンスを待つしかない。9時頃になると潮もトロトロになるが、どこからともなく和船が現れタコ釣りを始めた。舟はゆっくり潮に乗って流れてくるが、ポイント付近で停滞?こりゃだめだと休憩する。

タコもまだまだ・・・

しばらくするとタコ狙いの和船は居なくなり釣りを再開しようと思ったら今度は黒服登場。先端付近から探っているのでこじこじが黒服から逃れるように堤防中央付近に移動する。勝負は黒服が来るまでの短い時間である。潮の流れと底の状態を確認しながらタナを微調整、潮も澄んできたのでハリスのサイズも落とす。時間はないが、これらの作業をやるかやらないかで、釣果に差が出てくる。(と、思う。多分?)黒服が迫る中で本命ヒット!!この獲物はこじこじのだよ〜ん。と、目の前でタモ入れして本日の釣り終了〜。今回の獲物はお世話になっているマリーナの生簀に放流しました。

一度一緒に潜ってみたい

上出来です
posted by こじこじ at 18:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(一日目)
今日は同僚と浜名湖に黒鯛狙いである。同僚は年に数回しか釣行できないので、なんとしても釣ってもらいたいと実績のある時間帯、潮を選んで釣行計画を立てた。同僚にはエサが続く限りやろうと気合を入れて釣り開始。上げ潮が動き出す絶好のタイミングに釣れてくるのはグレ。水温が高いのか、グレの活性が高い。浮きがなじむとツツーと水中に浮きが沈んでいく。これもグレかと軽く合わせるとぐい〜んと引っ張られ穂先が海面に突き刺さる。げげ、本命だー。しかし体勢を整えるひまもなくばらしてしまった。完全に油断した。ここから浮きに集中して3枚ゲット。同僚にもあたりはあるものの掛けることができず日没を向かえて電気浮きにチェンジする。日没直後はカサゴ、メバルが釣れて本命の期待も高まったが、その後、魚の気配すらなくなってしまった。このままでは同僚が坊主になるのでポイントを大きく移動して下げ潮で再チャレンジすると、同僚に25cm未満が連発して、その後なんとか27cmをゲットできて一安心。

大漁♪

浜名湖釣行記(二日目)
二日目はみーことの釣行である。今日は爆釣でみーこに大勝してやろうと思っていたら、みーこはちっちゃいもの釣る〜、おっととと、そうきましたか!みーこにはハイ○ーパニックで潮の流れの早いところで釣り座を構える。こじこじは潮が緩いポイントで浮き釣り。ところが浮きに魚の反応なし?潮はだんだんと早くなり激流となる。昨日とは違いあて潮で仕掛けが足元に吸い込まれる。日没終了予定なのでこのタイミングで釣れないとやばい。しばらくするとみーこが来た。なんでもサビキが絡んで40分くらいほどいていたがさらにくちゃくちゃになりあきらめたとか。まさにハイ○ーパニック、みーこも貴重な時間を潰していたとは。お互い思い通りの釣果とは行かず残念〜。

なんとか1枚

ちっちゃいもの
posted by こじこじ at 17:41| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

浜名湖釣行記

2月最初の日曜日は玉五郎さんと沖堤に渡り黒鯛狙い。途中マイさんも上陸してきて、本命を期待するものの惨敗。見える黒鯛はエサに無反応どころか逃げていく。潮はすかっと澄み切り底の方で優雅に泳ぐ黒鯛をうらめしそうに眺めるこじこじであった。

アイナメ・クジメ

2週目も懲りずに午前中、上げ潮狙いで単独釣行した。状況は前回と同じくスケスケの潮で黒鯛は底付近に見える。得意の浮きフカセで何度も流すが釣れてくるのはチンタのみ。今日もエサに反応しない。いったいどうなっているの?もしかしたら海底で優雅に泳ぐ黒鯛の姿は夢・幻か!!

スケスケ

3週目またまた行ってしまったいつものところ。2月はだめだって〜との声が聞こえてきそうだが、もしかしたら・・・で、午後から竿を出す。この日も澄み潮であったが西風が強く海面もざわざわとしていい感じ。エサ盗りはたまにチンタくらい。ロングハリスでゆっくりゆっくり流すと本命が掛かって、うひひひひ バンザーイ!!

ばんざーい

2月最後の釣行はついに「寒い!釣れん!退屈だ!!」と重い腰を上げなかったみーこが同行した。この日がみーこの初釣りである。ところが水温は10℃以下に下がっていて超厳しい。これはだめだとあきらめていたら、なんとみーこがアイナメ2連発!!先週豊浜のさかな広場で同サイズが1匹2000円くらいで売っていたが、こんなんでいいの〜とみーこ。ベラしか釣れなかったこじこじに最大級のイヤミをありがとう。くそっ

アイナメ

完敗

3月最初の釣行はメインがガリガリである。外Do師さんに悪魔の囁きをするものの、呪文は通じず残念。とりあえずアサリのお土産を確保していつものところにみーこと上陸するが、釣れる魚はフグ・チンタのみ。水温も低いし今日もだめかと思っていたらまたしてもみーこがアイナメを釣り、本命ではないものの連敗。なんで〜〜。

ガリガリ

3月も中旬になると日中は暖かい。春の陽気に誘われて釣りに出掛ける人も増えてきたこの日はみーこと初の夜釣りに挑戦した。早くに上陸していた宿さんの話しだと、日中は潮も動かずさっぱりとのこと。さらにマイポイントには多数の釣り人がいたため、釣り座は堤防の中央付近に陣取り日没を待って釣りを開始した。するとなんとみーこに今年初となる本命黒鯛が釣れてしまった。3連敗だけは避けたいと必死に粘り、餌切れ寸前にこじこじにも本命が釣れてドロー、時計を見たら22時だった。みーこは半分夢の中。

釣りよりダンゴ?

やられた〜

畑では夏野菜の準備が忙しい。ナス、キュウリ、ピーマン、トマト、シシトウなど等。農園クラブではそろそろ筍狩りで春本番!!
続きを読む
posted by こじこじ at 21:04| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

春が待ち遠しい

この週末はみーこの初釣りを密かに企てるも寒いから嫌だと言われ釣行なしで渥美半島一周のドライブとなった。伊良湖の堤防先端ではサビキ仕掛けでコウナゴが釣れていた。とゆうかコウナゴしか釣れていない。赤羽根漁港の堤防は駐車場から見る限り釣り人ゼロ、やはりこの時期はどこも厳しい。

菜の花畑

コウナゴ釣り

夢よもう一度とばかり、本日休みを取って浜名湖に釣行する。ところがボートのエンジンが絶不調。あれやこれやとやるもののさっぱりだめ。朝の散歩中だったマリーナさんに助けてもらってようやくエンジンが始動した。どうも電気ケーブルの接触不良だったらしい。いつものポイントに到着して釣りを開始するが魚の気配がなく、エサのオキアミが残ってくる。これは渋いと思ったが、1時間くらいするとコマセの効果が出てきたのか小グレ、チンタ、クジメ、ベラといった小魚が釣れるようになった。よし、ここからが勝負と気合を入れるが、急に風が強くなり、無念の撤収となってしまった。残念!

ちっちゃいからリリース

続きを読む
posted by こじこじ at 20:33| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

2008年スタート!!

この正月は密かに里帰り。急だったため飛行機のチケットは取れず名古屋から博多まで新幹線で終点の鹿児島までは特急と新幹線を乗り継ぐリレーつばめを利用した。鹿児島を降りると桜島はうっすら雪化粧、南国とのイメージがあるが寒い寒い。

特急つばめ

桜島

愛知県に戻って黒鯛道のメンバー&T君親子と浜名湖沖堤で初釣り。狙いはチヌであるが、さすがにこの時期に釣るのは難しく、チンタ・グレ・ベラ等に遊ばれて終了〜。T君の長男で小学3年生の捷君がチンタとはいえ3枚釣り、こじこじ完敗!!

大物を釣る日は近い

今年2回目となる浜名湖は2年に1度の更新が必要な通航届出の手続きのためマリーナに向かう。釣行するか悩んだがここまで来たら行ってみよう…で出船した。上陸すると先客が1名。なんと玉五朗さんではないか。こじこじ丸はがら空きだったのに残念。潮は澄んで砂底が丸見え。当然ながら泳いでいる魚も上から丸見え。コマセにグレが反応しているので、厳しいながらもチャンスはあると夕方まで粘って30cm前後を2枚釣ることができたものの、2度もハリス切れのバラシがあり、まだまだ修行が足りないと痛感!!

初物でばんざ〜い



続きを読む
posted by こじこじ at 20:43| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

激戦記(青物を狙え)

この日は友人のT君と2年ぶりとなるジギングに挑戦する。とはいえ、最近の釣果情報では日ムラが激しく先月よりもあきらかに釣果は下降線である。本来ならジギングの道具も補充されるべきなのだが、今年新規で購入したリール2個、ロッド1本はイカ釣り専用である。チヌ釣りとイカ釣りがメインとなりつつある中で、これ以上の戦費を割く余裕がなかった。やむを得ず2年前の老朽化した道具で望むことにしたが、はたして錆びたジグ&フックに青物がヒットしてくれるのだろうか。T君とは現地で集合し受付を済ませ出船。平日にもかかわらず釣り師も15人くらいと多い。

期待に胸膨らませるが・・・

船は実績のあるポイントを順番に狙っていくが、どのポイントも魚探に反応があっても活性が低くあたりがない。そんな厳しい状況でT君に船中初となるカンパチがヒットした。5.5fの太くて短いロッドが根元から曲がり、リールはドラグの悲鳴を上げている。いいなぁいいなぁ〜でみんなの注目の中、船長のタモ入れで無事ゲット。1尾釣れて希望の光が見えたが、その後はまた沈黙が続き船長も必死にポイント移動を繰り返すものの、釣れても単発でこじこじはあたりすらなし。ボも覚悟した残り1時間を切ったところでハマチ・カンパチが釣れてなんとか坊主だけは免れた。T君も2匹目のカンパチを追加したもののハマチは水面バラシ。こうして多くの坊主者を出してのジギングは終了した。おしまい

やばいやばい・・・


なんとか釣れました
続きを読む
posted by こじこじ at 20:26| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

いつの釣行記

浜名湖釣行記(ナブラが凄い)
この日みーこは農園クラブなのでこじこじ一人で浜名湖に向かう。午前中の上げ潮でチヌを狙う。早朝といっても釣り開始が7時ころ、まだ潮は動いていない。最近釣れるチヌは小型が多いが、稀に大物も掛かるのでハリスは太めで勝負する。最初のあたりが猛烈に突っ込む大物で太めのハリスで良かったと思ったのも束の間、ぐいぐいと引っ張られて最後はパイルに巻かれてのハリス切れ。が〜ん!本命なら大物だったのに残念(実は大アイゴという話しも・・・)その後、小型が1枚、チンタ、ウマヅラ、ベラ、フグ・・・・・・・。上げ潮ではシーバスが小魚を追ってお祭り騒ぎであった。どこからともなくマイボートが現れルアーを投げていたので30分程見学したが何も釣れなかった?ナブラがあっても釣れるとは限らないんだな〜。

残念〜
    

イカ釣り釣行記(秋の陣)
秋のアオリ釣り到来にMさんと三重の筏に向かう。今回は直前に予約したので春に実績のある筏は全て先客があり、港から一番近い筏しか予約が取れなかった。エサのアジは現地で購入できたが、秋のアオリを狙うには大きいアジだった。まぁ〜小さいのは狙わないということで頑張ろう。筏には5時半ころ渡るがまだ暗くて何もできない。こんな時には熱いコーヒーがいいとMさんがコンロを用意していたのだが、やかんOK、水OK、コンロOK、コーヒー&カップメンOK・・・大事な物を忘れた。ガス缶が無い。が〜んショック!筏の板でも燃やすか・・これは冗談。ないものはしょうがないので気を取り直して釣りに集中する。ヤエン仕掛けにあたりは10回程度あったが、釣れたのは2ハイのみ、同じくらいあたりがあったMさんは5ハイ、さらに得意のエギングで4ハイゲット。こじこじはエギでの釣果なし(泣)秋なのでもっと釣りたかったなぁ〜   おしまい

食いしん坊です

手際よく〆ます
posted by こじこじ at 20:31| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

浜名湖釣行記(チヌ&貝)

今日もみーこと浜名湖に午前中釣行する。狙いの潮は上げ止まりから下げ始めまで。自宅出発はいつもより遅い5時。現地に着き、上陸して仕掛けの用意ができたのが7時半ころ。平日にもかかわらず釣り師が3名居て、カニ餌の落し込みで2,3枚のチヌがストリンガーにぶらさがっていた。サイズは25cm前後か。みーこがこのチヌを見て小声でこじこじに「みーこが釣ったチヌより小さいよ!」なんだ、そんなことで優越感に浸っているのか。今日釣れるかどうかが問題だ。すると激流を避けて竿を出していたみーこに大物が掛かる。げげ、前回と同じパターンか。タモは50mくらい離れた場所にあるため、猛ダッシュで取りに走る走る。ヘトヘトによろけながらタモを片手に戻ってくると、水面に顔を出したのは愛子(アイゴ)さんではないか。初のあたりが愛子で今日の体力使い切ったとみーこ。ば〜ろ〜それはこっちのセリフじゃい!!

2人の体力を奪った愛子さん

気を取り直して釣りを再開するもののチャリコ、チンタ、ベラ、コッパグレが釣れるのみ。途中20cmくらいのクエの幼魚が釣れた。珍しいので記念写真を撮ってリリース。え、逃がすの・・・きれいに口に針掛かりしているのでリリースしても生存率が高いと判断したが、みーこはやや不満そう。

高級魚のご子息

潮が下げてきてようやくこじこじに小さいながらも本命3枚、みーこが1枚釣れて終了〜。今回のお持ち帰りはチヌ4枚で残りは海にお帰り頂いた。

大物居ません

港に戻って今度は表浜に貝拾いに向かう。なんでもコタマ貝という貝が大量発生しているらしい。砂浜にはサーファーと釣り師が居たが、邪魔にならないように波打ち際を歩いてコロコロ落ちている貝を拾うがすぐに波が押し寄せてきて見失ったり、砂に潜られたりと思うように収穫できずこちらも終了〜     おしまい

なかなか見つかりません


これっぽっち・・・
posted by こじこじ at 13:06| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

浜名湖の釣り

浜名湖釣行記(潮が悪い?)
この日のタイドテーブルを見るかぎり午前中は下げっ放し。どう考えても夕方からの潮が有利とみたが、午後から畑があるため早朝に勝負を賭けてみーことHGに上陸した。ポイントに着いて、さっそく浮き仕掛けで黄金の餌を流すがあたりがない。その間も潮位はどんどん下げて弁天側は砂地があちこちと露出している。そのうちどこからともなくマイボートが集まってきて、貝掘りが始まった。やっぱり、干潮で潮が低いときは貝掘りやね。結局、本命は釣れず坊主で終了〜

これでは辛い・・・

ちっちゃいものばかり・・・

畑は夏野菜が終了して冬野菜の準備に大忙し。夏野菜のキュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、パプリカ、トマト、その他いろいろ・・ありがとう。これから冬野菜は白菜、キャベツ、大根、ニンジン、カリフラワー、ブロッコリー、チンゲンサイ、カブなどなど、頼むね♪



浜名湖釣行記(狙いの潮で本命ゲット)
前回釣行の反省から潮の低い午前中はみーこと貝掘り、夕方の上げ潮を狙ってHGに向かう。日没までは捕獲飼育していたカニで落し込みで枡の中を探る。時々カクカクカク・・とあたりがあるが、中々針掛りしない。ハリス、針のサイズを落して再度狙うとサンバソウ、カワハギが釣れた。みーこもチャリコ、カゴカキダイをゲット。ここで本命は厳しいと思っていたら突然ガツンと強烈なあたりがきて、一瞬にしてハリスが飛ばされてしまった。

ウ〜〜サンバ!!!

日没後は電気浮きで流し釣りで本命を狙う。みーこは流し釣りが苦手なので裏ポイントで竿を出す。すると、裏ポイントのみーこに本命がヒットし33cmのチヌゲット。

まさかまさかの釣果です

やられた〜。こじこじも負けじとテクテク歩いて2枚ゲット。みーこが何か釣れたと暗闇の中で魚を掴もうとしているので、触るな!!と大声で怒鳴ってライトで照らすと闇の帝王ゴンズイだった。あぶないあぶない・・・。今回は本命が釣れたのでキッズ達は撮影後に釈放となりました。めでたしめでたし。  おしまい

本命釣れてばんざーい


posted by こじこじ at 20:58| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(黒服登場)
今日は早朝みーことHGに向かう。上げ潮&下げ潮で黄金の餌でチヌ狙いであるが、上陸すると突然の雨。しかし、すぐに止んで綺麗な虹が出てきた。なんか気持ちのいい朝だ。

ちょっと見にくいですが・・・

浮きを潮に乗せて流すと大きなあたりがあり、竿が満月に曲がる。これは30後半だなぁ〜うししし。慎重に魚を浮かせると愛子(アイゴ)さんでがっくり。今期初の愛子さんで本命の引きと勘違いしてしまった。直後にまた大きなあたりがくる。またしても愛子か!これは腕が疲れるだけだ、外れろ外れてしまえ!そんな気持ちで強引にリールを巻いていると、水面近くでギラリっと銀色に魚体が輝く。ぐはっ本命だった。しかも針は唇の皮一枚。さっきまでの強引さはどこへやら、へっぴり腰で恐る恐るタモ入れ。そして、みーこも本命ゲット!

ちゃっかりと釣っています

次は下げ潮狙いで浮きを流すと、またしても大きいあたり。今日一番の大物のあたりに得意げに「みーこ、見ろ大物が掛かったぞ、いいだろう♪」するとみーこが一言「アイゴでしょ・・・」ムカ!何を〜とムキになったらギュンギュンギュン〜と突っ込まれてブチン!!おのれ〜まだまだこれからだ。仕掛けを作り再度浮きを投入すると、「何か変なのが来たよ〜」とみーこ。ぬな、浮きの近くに黒い物体が・・・。あちゃ〜これはだめだ!終了〜 

メールか釣りかどっちかにしろ!

みーこにも愛子ぷぷぷ 

終了〜〜 

この日の釣果 

浜名湖釣行記(みんなびしょ濡れD堤祭り)
今日はテンさん、Nさんとの釣行である。浜名湖不調の時期にテトラ帯では大変お世話になったので、今回はこじこじのHGで沢山釣ってもらいたいもんだ。上陸した時は猛烈な雨・雨・雨・・・。

スコール!!

靴の中はすでに雨でぐちゃぐちゃ、歩くとぐっちゃんぴーぐっちゃんぴーと音を立てて気持ちが悪い。コマセの入ったバッカンはフタをしていないと水没しそうな勢いだ。ゴールデンタイムと思われた早朝の上げ潮には何も反応がない。どうなっているんだ!?この頃から雨も止んでお日様が顔を出す。気持ちいいと思ったのも束の間で今度は真夏のような日差しが照り付けじりじりと暑くてたまらない。あまりにも反応が悪いので、他の釣り師の様子を見に行くと、なんとカニの落し込みで複数のチヌが釣れているではないか。今日はカニ餌が良かったのか?釣りに迷いが出ていたところにテンさんが1枚釣った。
よし、これに続けと浮きを流すがやはりあたりがない。潮は上げから下げ潮に変わり、ここでテンさんとNさんはカニの落し込みにチェンジするが、こじこじは頑固に黄金の餌で粘ることにした。終了1時間前にやっと浮きに反応があり、パンパンと2枚立て続けにチヌが釣れた。

影でピース

まだまだ居るはずだと、ここまで釣果がないNさんが竿を出すと、すぐにあたりがあり竿が曲がる。来た〜本命だ、大物だぁ〜おめでとう♪テンさんとこじこじはすでにお祭り騒ぎ!!!ずいぶんと引きを楽しんで魚が浮いてきた。あれ、なんかちょっと違うような・・・ダイエット失敗の太目の愛子さんだった。残念〜。おしまい

竿は満月

posted by こじこじ at 19:46| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

浜名湖釣行記(秋釣りに突入か)

ボート保険の更新手続きのため、平日に休みを取って浜名湖に向かう。もちろん釣りは外せないので、早朝勝負でHGへ。みーこは体調不良のため今回はお留守番である。上陸した時間は大潮の満潮で舞阪港より多数の漁船団も出漁中でこれらの波が激しく堤防に押し寄せていた。

夜明け近し

浮きはヘチすれすれをキープしたいところだが、押し寄せる波で吸い込まれたり、逆に払い出されたりと安定しない。さらに根掛かり連発で3回も高切れしてしまい、貴重な浮きを2個もロストしてしまった。浮きのロストも痛いが、仕掛けを一から作り直すことが大変で、タナの調整も難しい。それが短時間で3回も切れるもんだからだから集中力も切れそうになる。狙いの上げ潮で釣れたのは20cm弱のチビ1枚のみでやばい。餌も残り少なくなった潮止まりでチャリコ&ワッペンに混ざって坊主逃れの本命が釣れてほっと一安心。それにしても毎回、地上(坊主)すれすれの超低空飛行が続いているので、そろそろ上昇気流に乗りたいところだ。

西側の枡

大潮の潮止まりは短く、すぐに潮は下げてくる。予定終了時間ではあるが、浮きに反応があり合わせるとこれが本命。チヌは足元深くに突っ込む、竿の弾力で耐える、突っ込む、耐える、突っ込む、耐・・ブチン。な〜ん〜で〜だ〜(悲)しばらく、ひざを落として悔しいポーズを決める。ポーズを決めても見ているのはカモメかカラスくらいなのだが。黄金の餌は残り僅かしかない。一粒一粒を丁寧に針に付けて再度投入する。するとすぐに浮きがツツーと沈んで合わせるとベラ!おまえじゃな〜い!最後の一粒まで使い果して、根性で本命2枚を追加することができた。バンザーイ!!うれしい誤算にほくほく顔で帰ったのは言うまでもない。おしまい

納得の釣果



posted by こじこじ at 20:02| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(台風前の釣行)
昼夜逆転の釣りが続いた夏だったが9月になり、久しぶりに早朝に釣行することにした。現地着が4時過ぎで真っ暗である。沖堤から帰るのは暗くても大丈夫なのだが、暗い沖堤に向かうのは大変である。サーチライトで堤防を探すものの、近くまで行かないと発見できない。コースを間違えると座礁の危険があるので操船も慎重になってしまうのだ。それでも無事上陸して、みーことマイポイントを目指す。釣り開始が5時ころで浮き釣りでチヌを狙う。オキアミで流すと、グレが連発して釣れる。そこで黄金の餌に切り替えて流すことにした。この餌でもベラ・チャリコなどが喰ってくるが、オキアミよりは餌持ちがいい。何度か流すとゆらゆらと浮きが沈み本命をゲット、するとみーこも直後に本命ゲット。これは爆かな!?と期待してものの、上げ潮がだんだんと激流になり、とても浮き釣りでは釣りにならなくなってしまった。この日は名手クロツブさんも釣行されていたが、スケスケの潮に苦戦。こじこじも後半はカニで落とし込みに切り替えるが黒服の人が居て万事休す。だめじゃん。撤収〜。      おしまい

なんとか釣れました

浜名湖釣行記(台風後の釣行)
知人のKさんから今回の台風でボートが心配だから、浜名湖行くなら、わしのボートも見てくれん?との事で、妻と浜名湖に向かうことにした。こじこじ丸もKさんのボートも異常なし。あさりをサクサクとゲットし、昼食を済ませ海釣り公園に立ち寄ってみる。車から外に出ると暑い!先端まで見学に行くつもりだったが、あまりの暑さに途中で断念した。しかし、みなさんこの暑さの中でよく頑張るね〜。で、夕方短時間の釣りでHGに上陸する。

熱い暑いアツイ

今回みーこは釣りなしの予定だったのでお菓子食べながら堤防の上で読書の秋?ところが、なんとお菓子を車に忘れてきてしまった。さらに本までも・・・・。ボートに予備の竿がないので苦肉の策として、ハリスにハリとオモリを付けてあさりの身を餌に釣らせることにした。小魚が遊んでくれればラッキーだ。枡の中を探って歩いていくと名手クロツブさんも来ており、状況を聞くと反応は悪いとのこと。昨日良く釣れたとの情報もあり、台風後の荒食いを期待したのに残念。さらに昨年ここで知り合ったカミサトさんもお連れさんと来ており、激渋の中、本命をゲットされていてお見事!!今回こじこじは小さめのカニに小さめのハリで勝負することにした。すると枡の穴でカクカクカク・・・・と穂先を振動させるあたりがあり、合わせるとガッキー(イシガキダイの子供)が釣れた。やはりハリを小さくしたのが正解か。その後、日没近くに本命のあたりがあり1枚釣ることができたが、みーこは、餌は無くなるものの釣果なしで終了。写真撮影後、ガッキーはリリース。

マンボウ?

みーこはガッキーが熱帯魚のように見えたらしく、いつもなら食べる!というのに反応がいまいちでガッキーは命拾いした。ちなみに同サイズのカワハギなら食材としてお持ち帰り間違いなし。おしまい

ガッキーは命拾い

posted by こじこじ at 20:09| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(エピソード8)
今日は大潮のため、前から予定していたアサリ掘りで浜名湖に向かう。さすがに人は少ないだろうと思ったら、まだまだ潮干狩りも営業中で賑やかであった。あさりはみーこに任せて、こじこじはチヌ釣り用のカニを捕獲する。大きな石をひっくり返すと大小3,4匹のカニが逃げ出す。餌に最適な大きさのカニだけを拾ってバケツに入れていく。30分で20〜30匹くらい確保できたところでみーこに合流。あさりも我が家で食べる分だけゲット。

カニゲット♪

夕方になり捕獲したカニでチヌ釣りに向かうことにしたが、エンジンが掛からない。何度かやっていると爆音とともにエンジンが炎に包まれる。ぐはっこれじゃタイトルが「こじこじ丸炎上」になってしまう。みず・ミズ・水・・・って、まわりは海だった。バケツに海水を汲んで鎮火に成功、一瞬の出来事だった。すると次はエンジンが掛かりなんとか走り出す。隣りに係留しているボートのオーナーは目を丸くして唖然としていた。びっくりさせてすんまそん。動いたとはいえ、不安があるので沖堤ではなくマリーナに行きエンジンを点検してもらうことにした。点検の結果、3分の2しか出力が出ない事が判明したが走行に支障はないとのこと。日没まで時間がなかったものの、捕獲したカニで穴釣り。ココンとあたり、その後、竿先がクンと押さえ込み、合わせると本命が掛かった。夕陽をバックに記念撮影して本日終了〜。

チヌとったどー

浜名湖釣行記(エピソード9)
この日は同僚ポチとの釣行である。夕方は前回捕獲したカニで落とし込み、夜は電気浮きの流し釣りでチヌを狙うことにした。上陸するとベストを忘れたことに気が付いた。仕掛け類は全てベストのポケットに入れてあるので、さあ大変。ボートにも多少の予備はあるが、タコ釣りやら投げ釣りの仕掛けがメイン。ポチに少し分けてもらっての不安な釣りとなってしまったが、柱の下を狙ってカニを落として行くもののあたりはない。この釣りはどれだけ探れるかが勝敗を分けるので、落としては次の柱と移動していく。この日はこじこじ2枚、ポチ1枚で終了〜。こじこじ丸はこの日からエンジン修理のためドック入り。



浜名湖釣行記(エピソード10)
知人のKさんから釣りの誘いがあるが、こじこじ丸は入院中なので、Kさんの和船で午後からHGに上陸する。こじこじはカニで落し込み、Kさんはタコ狙い。日中は下潮であたりなし。濁りはいい感じなのだが、どこをどう探ってもピクリともこない。17時ころから上げ潮になり、反応が良くなるものの数少ないあたりを全て空振りで坊主。Kさんはテンヤ2個ロストしながらも根性でタコ1パイゲットに成功。

Kさん、キー忘れてるってばw

幻の釣行記(番外編)
この日はT君との釣行予定であったが、こじこじ丸の修理が完了していないことと、天候も悪いので釣りを中止にして豊川でT君ファミリーとこじこじ&みーこでボーリング。T君ファミリーは最近ボーリングがブームだそうで、長男はまだ10歳未満なのにボーリング教室に通いプロの指導も受けているほどの熱の入れようであった。恐るべしキッズボウラー!!で、こじこじの成績は3ゲーム投げて200UPが一度だけ、3ゲーム目は手が疲れてへろへろになり160で終了。その間、みーこが地味に追い上げて165でこじこじの負け。

浜名湖釣行記(エピソード11)
8月最後の釣りはJ君とである。最近のパターンで前半はカニで後半はオキアミでチヌを狙うことにした。餌となるカニは現地で調達して、沖堤に上陸する。あちこち探るとあたりが頻繁にある。前回の釣行ではピクリともこなかったので、とてもうれしい。しかし、あたりはあるものの針掛かりしない。しばらく頑張って釣れたのは、巨大ベラにカサゴだけ。もしかして本命は居ないの?と思ったら、来ました来ました本命の引き。ぎゅぎゅ〜んと真下に走り出す。いつもよりワンランク細いハリスを使用していたため、逃げ腰になりズルズルとラインを出してしまった。結果的にこれが災いして痛恨の根掛かり&ばらし。夜釣りでなんとかこじこじ2枚、J君1枚で終了〜。

小さいけど・・・

エピソードシリーズ 完!
posted by こじこじ at 20:42| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。