2007年08月13日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(エピソード5)
イカ釣り名人のMさんからチヌが釣りたいとの要望を受け、HGに出撃した。前回同様、裏ポイントである。Mさんにはアオリではお世話になっているので、今日はチヌで恩返しをしたいところだ。道具はみーこ仕様を一式貸して釣り開始。しばらくするとこじこじにあたりがあり、合わせるとこれが強烈な引きで竿も立たずにラインブレイク!!くそ。ちなみにこの浅場でのこじこじのタックルはUガイド3.6mに両軸リールを付けて拾った電気浮きを固定しているというシンプルな仕掛けである。この短竿でキコキコ巻くのが楽しいじゃんね〜(誰)するとMさんに反応がありアナゴ(実はウナギかも?)が掛かる。Mさんは珍しいと携帯で記念撮影してリリース。もしウナギだったらもったいないことをした。次はこじこじに本命と違うあたりがあり強引に抜き上げる。魚のシルエットからゴンズイの親分のような?ゴンズイではありませんようにと念じながらライトで確認すると30cmくらいのマゴチだった。う〜む、食べると旨いと思うのだが料理法がわからんな〜悩んだ末リリース。宿さんに怒られそう(笑)最終的にこじこじが2枚。Mさんは餌が無くなるまで粘ったが坊主で残念〜。

マゴチ

2枚釣れました


浜名湖釣行記(エピソード6)
この日はみーこの誕生日である。(どらえもんの、のび太と同じ)プレゼントは何がいい?レインウエアがほしいとのことで近くの釣具店に行く。GORE-TEXは目の毒、見なかったことにして適当な安物を購入しプレゼントした。これで雨の日も大丈夫・・・。夕方はいつものところに釣りに行く。夜になると潮がまったく動かない。激流も苦労するが動かない潮は最悪である。潮も澄んで風もない。どこからともなく舟がやってきて強力な水中ライトで漁をしている。よく見るとタキヤ漁で観光客?ワイワイガヤガヤと堤防付近で賑やかである。水深が0.5〜1mくらいの浅いところでヤスやタモで獲物を獲っているようだ。釣果はこじこじが2枚、みーこが1枚で終了〜。

穏やかすぎ?

潮動かず


浜名湖釣行記(エピソード7)
前回潮が澄んでいたので、投げればキスが狙えるかもと、みーこはゴカイを餌に前半はキス狙い。こじこじは懲りずにカニの餌でチヌ狙い。落とし込みは歩いて歩いて探るしかない。途中でココンとあたる。しばらく待つが食い込まない。餌を確認すると甲羅が割れている。やつは潜んでいる。違うポイントでも数回竿先に反応があるものの合わせても掛からない。餌が無かったりカニのふんどしだけ残ってたりと、15匹用意したカニも残り数匹となってしまった。すると携帯にメールが入る。この忙しい時に誰じゃ、確認するとみーこからでその内容は一言「切れた」短い文である。おのれ〜仕掛けくらい自分で作れ!一度戻り状況を聞くとチャリコばかりでキスは釣れないらしい。日没まであとわずかなのでとりあえず頑張れと励まし、残り少ないカニで再度落とし込んでいくとビビンとあたりがあり合わせると掛かったではないか。よっしゃぁ〜次に来るであろう強烈な引きに耐えるため体勢を整えるとスポンと赤いのが空中に舞っている。げげ、カサゴじゃん。カニは丸呑み。こうなるといままでのあたりも本命かどうか疑わしい。今日もだめか水深1mくらいのところにだめもとで沈めると根掛かり?いやグイーンと引っ張って本命のチヌが掛かった。まさに9回裏サヨナラ満塁ホームラン!しかし合わせを入れていない。これってやばくない。事前にタモを水面近くに待機させ強引に浮かせると嫌な予感が的中、海面で針がパァーンとはじけてしまったが、とっさに金魚すくいの要領で35cmの本命を掬って技あり一本!みーこのキスは0匹ぷぷっ。夜釣りは得意の浮き釣りでこじこじ3枚、みーこ1枚で終了〜。今日はマスで本命も釣れて気分がいいので、リッチに高速で帰るか〜。
ところがお盆渋滞に巻き込まれて下道のほうが早かったかも。(T_T)/~~~

夕焼けが綺麗

マスゲーム開幕!?
posted by こじこじ at 09:17| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

浜名湖釣行記

浜名湖釣行記(エピソード1)
今夜は自分の釣りに集中したいので単独でHGへ向かう。ポイントには数名の釣り師が居たが問題なし。暗くなってからが勝負と気合を入れるが何もあたらず時間だけが過ぎていく。でも大丈夫、時間はたっぷりあるし、釣れんから帰ろうと、わがままみーこもここには居ない。しかし、あまりに釣れないためか、他の釣り師達は全員撤収してしまった。暗い堤防にはこじこじ一人。こうなると急速に心細くなるのはなぜ?生暖かい風がフワッーと吹いてくる。ちょっと離れたたころから誰かがこちらをじっと見ているような気がする。なんてことを冗談でも考えてしまい、背筋がぞぞっつとする。空を見上げるとお月さまがぽっかり浮かんでいる。少しは心が和むがすぐに暗雲に隠れてしまった。はっ、気のせいか自分の釣りにまったく集中できていない。歌でも歌うか。孤独が好きな俺さぁ〜♪「ルビーの指輪」だめだ、帰ろう!!

暗いよ怖いよ


浜名湖釣行記(エピソード2)
今日はみーこといつものポイントに向かう。電気浮き仕掛けでチヌ狙い。明るいうちは小グレの猛攻が凄いので暗くなるまで我慢する。実は大潮の満潮・激流で釣りにならないのが本音である。そして日没となり多少潮が緩んできたので釣り開始。みーこはまだやる気なし。すると打ち上げ花火が夜空を飾る。おもわず「た〜まや〜!」と叫んでしまった。みーこが花火に夢中になっている間に、こじこじはチヌ3枚をゲット。花火を見終わってみーこが竿を出すとすぐにチヌが釣れた。サイズも36cmでうらやましい〜今夜は花火も見学できて良かった良かった。
みーこに負けてる


浜名湖釣行記(エピソード3)
この日はKさんとの釣行である。上陸したのが夕方のため日没までこじこじはカニの餌でチヌ狙い。Kさんはテンヤを引いてタコ狙い。カニを餌に短い竿であっちこっちに落とし込むが反応なし。タコ狙いのKさんは狙い通り1パイゲット。日没後は二人で電気浮きを流すが激流で苦戦する。Kさんはここを諦めて反対側の潮の緩いポイントで竿を出す。こじこじは激流に正面から立ち向かうが見事に撃沈。Kさんは2枚ゲット。長い堤防を何度も往復したため疲れた〜。

Kさんの釣果

浜名湖釣行記(エピソード4)
今日はみーこと二人で釣行する。地元が花火大会なので中途半端な時間に帰ると渋滞にはまるので遅くまで釣るから覚悟するようにと、みーこに釘を刺す。日没までは若干時間があるので懲りずにカニを餌にチヌ狙い。ちなみにカニは近くの餌屋で10匹購入した。ま、どうせ釣れないので、暇つぶしのようなもんだけど。ところが、あるポイントで竿先がクンクンと動いたような動かなかったような?半信半疑で合わせるとチヌが掛かった。小さいチヌだがこじこじにはカニで釣った大きなチヌだ。日没後は前回の反省から激流ポイントを攻めずに反対側の緩いポイントでみーこと竿を出すことにした。浮き釣りではあるが流れが緩い分、あちこち探った方が釣れる確立は高い。タナは浅いので底釣りである。こじこじは足で稼いで4枚釣れた。みーこは座り込んでボケっとした釣りに反応がないが、一度大きなあたりがきて、堤防の上でライトを照らすとアナゴだった(笑)みーこは長い物が苦手で竿を放り出して逃げて行ってしまった。 つづく

アナゴ

今日の釣果

続きを読む
posted by こじこじ at 22:18| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

釣行記(本命を狙え)

釣行記(危険地帯)
台風後あのテトラ帯がどうなっているのか気になり、早朝1本勝負で釣行することにした。今回みーこはお留守番である。現地着がまだ薄暗い4時ころで最小限の荷物を体に装着してテトラに登る。目指すは東側のテトラだがテトラの位置が変わっている。台風の大波でテトラが崩落?ポイントまで行くルートを確保できない。海側はテトラが低く波が被っていて、表面には緑色や赤茶色の苔がヌルヌルとしており滑りそうで危ない。中央付近はテトラの間隔が広すぎてここを飛び越えて進む自信がない。しばらく悩んだが東側への移動を断念し、途中のテトラから釣りをすることにした。足場の悪いところで7mの竿にラインを通すのに苦労して釣り開始が5時ころ。カラスのエサであっちこっち落とすがあたりが無い。場所を移動したくても滑るテトラは危険なのでじっと我慢してあたりを待つが何もなく終わってしまった。やはりこの釣りは難しい〜 おしまい

携帯画像です


浜名湖釣行記(夜釣り)
今日はみーこと釣行する。どこに行こうか悩んだが日中の暑さを避けHGの夜釣りで本命を狙う。夕方上陸したころはタコ専が数人いたが、台風後はさっぱり釣れなくなったらしい。暗くなるまでは上げ潮に浮きを乗せて流すがグレ・チャリコの猛攻に打つ手なし。

グレも27cmくらいあります

日が暮れて電気浮きにチェンジすると今度はカサゴ・メバルが活発にエサを喰ってくる。潮止まりになって場所を移動するとこじこじに小さいながら本命が釣れた。みーこを呼んで同じところで竿を出すとすぐに本命がヒット。しかもこじこじよりもいいサイズ。ち、まだ居るはずだと仕掛けを投入するとみーこがライトを海面に向けているではないか。こらぁ〜何しとる。だって、ここにハリが引っ掛かっているんだもん。おのれ〜わざとじゃないだろうな・・ぶつぶつ・・・。その後もみーこのライントラブルやハリが背中に掛かったりと自分の釣りができず。もう終わりにしようとみーこに宣言して最後の1投で道具の片付けをしていたら、浮きが沈み半信半疑で片付けしながら合わせるとギュイ〜〜ンと海中深く竿先が突っ込みバチンとハリスが飛ばされてしまった。くうぅ〜いまのは大きかった。もう一度狙ってみようとしたらエサがない。みーこエサは?みんな綺麗に洗い流したよ。ガビーン!わざとじゃないだろうな・・・おしまい

またしてもみーこに負けた
posted by こじこじ at 11:09| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

三重釣行(夏アオリ?)

7月なので夏アオリ、何か問題ありますか?週末は台風の影響を避けられない、ならば平日休みを取って行くのみ。前日みーこと向かうはいつもの筏。とはいえ、梅雨前線が活発でかなり激しい雨が降っている。峠道では鹿の群れが道路を横断していてぶつかりそうになる。現地着が夜中の1時半くらい、車で仮眠して4時起床。平日でこの大雨、筏の客はこじこじ&みーこのみ。前から乗ってみたかった○崎の筏を指名する。みーこは今回カワハギ狙い、一応ノルマは5匹としておこう。

大きな筏でした

土砂降り

大雨でテントに避難中

早朝にあたりが連発するケースが多いので集中しなければならないのだが、この日はあたりがない。筏の下には黄色に黒の縞模様が可愛いスズメダイの仲間であるオヤビッチャが泳いでいる。みーこはこの魚を便所番と呼んでいる。なんでも筏に設置しているトイレから下を覗くとこの魚が居るとか。そんなことはどうでもいい、とにかく今はあたりがほしい。

刺身サイズのキス

カワハギ、釣れました

お昼になり船頭が注文していた弁当を船で配達に来てくれた。この船頭はいつもニコニコ笑顔を絶やさず平気で投入している仕掛けをスクリューで絡み切っていく。しかしニコニコしているのでこちらも突っ込めない(ToT)/~~~弁当を食べ終わったころからアオリのいい反応が出てきた。晴れた日よりも曇りまたは雨のほうが日中もあたると言われているが、本当にその通りだ。早朝の不調を挽回すべく、慎重な駆け引きで夕方までに3杯のアオリをゲットできた。バラシは8〜9回。テンヤ仕掛けでタコ4杯(チビタコリリース)まだまだゲット率は低いが、もっと修行を積んであたりの数だけ獲りたい。バラシた中には大物も含まれており、もし釣っていれば自己記録更新だったのに残念。ちなみにみーこはキス1匹、カワハギ3匹で予定通りか。おしまい

貴重な1杯

3杯釣れました

タコ4杯でチビ2杯リリース

posted by こじこじ at 16:38| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

福井釣行(秋の下見?)

秋アオリに実績が高い日本海に下見を兼ねてみーこと釣行することにした。流石にこの時期アオリは厳しいのでサビキでアジ狙い。現地着が夕方で高い堤防先端から投げサビキを投入する。しばらくすると大きな浮きがズボッと沈みアジが2連・3連と掛かって楽しい。ほんの僅かな時間で40匹くらいのアジをゲットできた。

海面から8mもある堤防です

アジ好調です

日本海に沈む夕陽

この日は近くの国民宿舎に泊まり、翌朝朝食を済ませ、のんびりと昨日の堤防に向かう。今日は釣れたアジをエサに一応泳がせ釣りでアオリを狙ってみる。ま、期待できないのでほとんど捨て竿である。ところが昨日入食いだったアジがまったく釣れない。あれこれポイントやタナを変えても反応がない。こりゃまいったね。

反応が悪い

1時間くらい無反応だったが、その後ポツポツと釣れるようになったものの群れが小さいのか、2,3匹釣るとしばらく反応がなくなる。すると捨て竿にあたりがきた。リールからジィージィーーーとラインが引き出されていく。本命なのか?でも何かがアジを引っ張っているのは確かである。念のためにヤエンを準備し、臨戦態勢をとる。少しリールのスプールを緩めようとキャップを回すとカランコロン・・ポッチャン!!何?あれ〜〜キャップとスプールが8m下の海に落ちちゃった〜!!こうなったらもはや釣りどころではない。落ちたスプールは細いPEラインをほどきながら沈んでいく。海底の岩場に落ちると回収不能となるので、こちらも負けじとラインを手繰り寄せる。細くて軽いPEラインは次第にこじこじ自身にまとわり付いて絡んでいく。まるでクモの糸に巻かれていく蛾のようだ。横目にみーこの姿が見えるが、こじこじの大慌てぶりに笑っているに違いない。くそ。なんとかスプールだけは回収することはできたが、キャップと獲物と絡んだラインはパーとなってしまい終了〜。この借りは秋に返すぜ!!一人相撲でそれはない・・・おしまい

まずまずの釣果

PS アジは二日間で60匹くらいの釣果でした。三重県で活きアジとして売れば6000円!!その他、サバ・スズメダイ・ベラ等

posted by こじこじ at 22:06| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重釣行(春アオリ最終戦)

6月末で春というのも違和感があるが、三重の筏にみーこと釣行する。こじこじはアオリ狙いでみーこは定番のキスを狙う。こじこじはアジの泳がせ釣りで同時に2本の竿を出すことにしているが、1本目を出して2本目を用意しているときに早くもあたりが来た。まだ心の準備が、いやいやヤエンの準備ができていない。慌ててヤエン投入するもスカッと空振り。同じポイントにアジを付け替えて投入するとまたまたアオリがアジを抱いて引っ張っていく。さっきバラシたアオリと思われるが、今度こそとヤエンを投入するものの掛からず。この釣りでいつも思うのだが、水中でヤエンがどうなっているのか見えないため、何が悪いのか毎回悩んでしまう。

こんな筏です

3回目のあたりではヤエンをセットしたつもりが、2点掛けの1点がラインから外れた状態で投入したため、ヤエンがヤジロベエのように左右に揺れ動いて失敗。

みーこが釣った正体不明の魚

後半は4本の竿を出すがあたりが少ない。筏からは4匹のアジが泳いでいるのを尻目に大きなアオリがユラユラと浮いては消える。おのれ〜引っ掛けてやりたいくらいだ!その後もいくつかのヤエンを投入するが掛けることができず、終わってみれば1杯のみという釣果だった。ちなみにみーこは6匹のキスを釣り、これも予想通り。何一つ進歩がなく終わってしまった春アオリだった。もっと経験が必要か。その他チビタコ2杯     おしまい

この日唯一のアオリ


posted by こじこじ at 21:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜名湖釣行記(シックスセンス)

今年の浜名湖はチヌ不調でその先にあるテトラ帯でなんとか釣れる程度。みーこも行ける?そうだな、腕立て伏せ100回、腹筋100回、スクワット100回を連続でクリアしたら行けるかも。そんなもん絶対無理だわ。だから絶対無理だってば!とは言え夫婦釣り師としてはいつまでも単独釣行という訳にもいかない。だめもとで夕方HGに向かう。途中エサ屋でイワガニを20匹購入。エサ屋のおばちゃんにイワガニと違うカニも入っとるけどいい?と聞かれるが、どれがイワガニかも判らないのでいいよ。上陸して昨年のカラスの要領で探っていくがあたりなし。周りはタコ専ばかりが目立つ。日没まで探ってあたりなし、カニも3匹消費しただけでオールリリース。

昨年とはえらい違い

今度は電気浮きにチェンジしてオキアミのエサでみーこと釣るがメバル・カサゴ・ベラ・コッパグレが遊んでくれる程度で悲しい。それでも辛抱して釣りに集中していると、みーこが釣りを止めている。う、いつもと様子が違う、いやな予感が・・・。こっちを見てにこにこしている。さらに悪い予感が・・・・一応しらじらしく、どうしたの?とたずねると、竿折っちゃったぁ。だぁ〜〜〜やっぱり〜!!終了〜第六感というより過去の経験からなる経験測だなこりゃ    おしまい

小グレが遊んでくれました
posted by こじこじ at 20:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

恐るべしテトラ帯の釣り

現在、HGはタコ天国で本命(チヌ)はさっぱり。タコも食材としてはいいのだが、やはり限度というものがある。三重遠征でゲットしたタコが連日食卓に出てくる。弁当のおかずにもタコ。さすがに飽きてきたのでタコはしばらく狙わない。そこで今回は不調の浜名湖を通り越して砂浜に点在しているテトラ帯に釣行する。とはいえ、ポイントも釣り方も何もわからないので地元のテンさんにコバンザメのように張り付いていくことにした。装備が不十分なら見学&下見でもいいと思っていたが、テンさんから予備の竿を借りて、いっしょに釣りをすることができた。

テトラ帯の夜明けです

こんな感じのところです

ポイントには遠州灘黒鯛道のメンバーが多数竿を出しておりこのポイントが好調なことを物語っている。テンさん、その他のメンバーの方が次々と本命を釣る中、こじこじにも待望のチヌが釣れて一安心。30後半くらいか。その後2枚目が釣れてストリンガーに掛けにいくと、テトラの隙間にストリンガーのロープが挟まっている。なんか嫌な予感が・・・。引き揚げてみるとストリンガーが外れてチヌに脱走されてしまった。くっそう、デジカメで撮っておけば良かった!で、テトラの上で2枚目のチヌをデジカメで撮るこじこじであった。逃げられたチヌが大きかったのに〜〜。テンさんは6枚の釣果でこじこじが3枚頂きました。ご馳走様〜♪

テトラの上で撮影しました

そして、テンさんから借りた竿を参考に7.2mの竿を購入した。釣具屋でこの竿を伸ばして手に持った感想は「重い・・・」片手なら1時間が限界か。早くこの竿を試してみたい!週末まで待てない!突然平日休みを取ってテトラ帯へGO!!現地着が4時頃で4時半くらいに実釣開始。平日にもかかわらず4,5名の釣り師が竿を出している。前回のイメージを忘れずにカラスの餌を沈めていくものの反応がない。今日は反応が悪いなぁと思っていたら、隣りで竿を出している方に本命がヒット。なんと、この方はテンさんの知人でNさんだった。気が付かなくて申し訳ない。それどころか、釣ったチヌまで頂き感謝感謝♪。その後、こじこじにもあたりがあり、根掛かり?半信半疑で合わせるとグングング〜ンと引き込まれて竿が満月状態。足元の沈みテトラに入られるとまずいので沖へ沖へとラインを送り出してチヌが弱るのを待つが、竿も重いが魚も重いぞ。ようやく海面を割って浮いたチヌをNさんにタモ入れしてもらい無事ゲット。45cmのナイスバディーで最高!時計を見ると7時半。今日は午後からみーこの農園クラブでジャガイモ掘りを手伝わなくてはならないので、ここで終了〜。Nさん、ありがとう〜  おしまい

45.5cmありました

Nさんに撮ってもらいました
続きを読む
posted by こじこじ at 15:10| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

三重釣行記(第二のホームグランド)

みーこ「あ〜また脱走しようとしている」こじこじ「おのれ〜こんなところに穴空けていたのか」みーこ「もう、いっそのこと窒息死させたら?」こじこじ「う〜む、もう少し生かしとくか、しかし、次に脱走を企てたらおしまいにしてやる」なんとも物騒な会話であるが釣りの話しである。この日はみーこと筏釣り。こじこじはヤエンでアオリ&タコ、みーこはちょい投げでキスを狙う。

2基連結の広い筏でした

前日から降る雨の影響か、どこの筏も苦戦しており、あたりも少ない。早朝1パイゲットできたが、後が続かない。それではとタコを狙うが、こちらの反応もいまいち。

みーこのキス釣り仕掛けにタコ

そんな中でヤエンに変わったあたりがあり、水面に顔を出したのは活きアジを丸呑みにした真鯛君。魚は想定していないのでタモは用意していない。ラインを持って引き上げようとしたが、プツンと切れてヤエンもロストで残念。魚にヤエンを投入すること自体間違っている。釣果はアオリイカ2ハイ、タコ4ハイ、キス8匹
ちなみに脱走を企てたのはタコで、網を噛み切って2回も逃げようとした。 おしまい

なんとか釣れました
posted by こじこじ at 21:24| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

三重釣行記(イカ&タコ)

今回もMさん(イカ釣り名人)と三重の筏に乗りアオリイカをヤエンで狙うことにしたが、前回の釣行で筏付近にはアオリ以外にタコが多いことが判明した。タコオンリーなら浜名湖でも釣れるのだが、ヤエンでアオリの回遊待ちのときにヒマなのでテンヤで狙ってみようと用意してきた。さて筏に乗り早速Mさんと竿を出す。あたりは早朝に集中する傾向があるので活きアジの変化に目を離せない。すぐにMさんにあたりが来てヤエンを投入するが空振りに終わる。次にこじこじにもあたりが来る。慎重に寄せてヤエンを投入、アオリに届いたところで大きく合わせてアオリゲットに成功。

1.1Kgありました

しかし、その後あたりは少なく数が伸びない。潮止まりでアオリのあたりが無くなったので、タコ狙いに切り替えることにした。餌はアオリイカに噛まれて死んだアジを使用する。するとこれが大あたりでMさんと交互にタコが掛かる。釣れるサイズも小さいタコから中くらいのタコで、タコさんウインナーくらいの極小サイズも釣れた。

おもしろいように釣れました

こじこじも釣れます

タコさんウインナー


しかし午後になると雲行きが怪しくなり、突風が吹き、とうとう釣りどころではなくなってしまった。とりあえず荷物が飛ばされないように真ん中に集め、Mさんと風が止むのを待っていると、筏の一部が暴風で飛ばされる。おいおいこの筏大丈夫か(汗)

わお〜やばい

風が多少弱まって釣りを再開するが、アオリの反応はいまいちで、筏のロープ付近に見えたチビアオリをMさんとこじこじが各1パイゲット。タコは順調に釣れ最終的に2人で20パイくらい。チビはリリースしたのでカウントしていない。アオリはMさんが4ハイ、こじこじが3ハイ。最大で胴長30cm1.1Kgだった。  おしまい

エギではチビアオリ

タコ大漁♪
posted by こじこじ at 19:21| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。