2007年05月14日

浜名湖釣行記(タコ&キス)

昨年不調だったタコが好調に釣れているとの情報で、みーこと食材確保のため浜名湖に向かう。みーこは今回もキス狙い。ちなみにみーこのキス釣りは生産性が非常に悪い。高いエサ代に対してキス数匹というのがほとんどである。今回も無理と承知の上でノルマ10匹。こじこじのタコのエサは昨年、92君ファミリーがカニネットで釣ってもらったイシガニとブタの脂身である。現地到着が6時ころ、午後から強風となる予報なので、風が強くなったら即撤収予定。さて、タコ釣りは先行者数人が、早くも長い堤防を西に東にと探っている。それどころかタコ狙いのボートも堤防近くを流している。こじこじもボートで狙うという奥の手もあるが、ボートを操りながら狙うのは、釣りに集中できないので敬遠した。(実は船酔いするのが嫌だといううわさが・・・)

堤防すれすれを流してます

過去に実績のあるポイントは先行者が1パイ釣ったのみで反応が悪い。別の場所を探るとタコあたりがあり合わせるものの途中でばらし。同じタコを狙って再度テンヤを投入するとすぐにあたりがあるが、これまたばらし。合わせが甘いのか?3度目に来たあたりには、折れてしまえ竿!!級の鬼合わせで水面まで巻き上げたところでまたまた逃げられた。さすがにもうだめだろうとテンヤを入れると信じられないことに、また乗ってきた。が、ばらし。なんで〜回収するとテンヤからカニが無くなっているではないか。おまわりさ〜ん、食い逃げですよ!!前にビックダコを何度もばらした宿さんの悔しさが痛いほどわかる。今回はタコがメインなので悔しさもさらに倍である。カニの次はブタの脂身をエサに最後の勝負を掛けることにした。ポイントを大きく変更して探るとあたりがくる。ここで外せば坊主になる可能性大のため、気合を入れて大合わせするとテンヤの親針に孫針まで完璧に掛かってタコゲットに成功。バンザ〜イ。みーこのキスは4匹で予想通り。その後、強風となり9時30分には撤収となりました。  おしまい

タコさん釣れました

本日の収穫です


posted by こじこじ at 20:58| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

GW後半戦(三重の釣り)

仕事と畑が忙しくGW前半は一度もみーこの登場は無かったので、GW後半は三重旅行を計画した。初日は夜中に現地入りして車中泊、翌日に釣りをして民宿に泊まり、次の日にドライブ&観光で帰宅するという計画だ。釣りは船外機付ボートが予約できず、筏もいっぱい、流石にGWは人が多い。手漕ぎボートなら予約無しの早いもの勝ちなので、これで勝負することにした。みーこは虫エサでキス狙い。こじこじはヤエンでアオリイカ狙い。ポイントに若干の違いがあるため、どちらも狙えるようなポイントにアンカーを入れたが最終的にどちらも中途半端な結果となってしまい、キスは6匹、アオリイカは0ハイで、あたりも1回のみ。ちなみにキス釣りなら、アンカーを入れずに広範囲を流して探って釣れば、二桁は楽勝と思われる。アオリイカはホンダワラ(海藻)の多い岸寄りを狙ったボートに釣果があったようだ。

キスは釣れてます

イカの回遊待ち?

良さげな藻場もあります
続きを読む
posted by こじこじ at 20:57| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

浜名湖釣行記(親分登場)

さて、筏釣りの翌日は同僚ポチと浜名湖に釣行する。今日は日没前後の潮でチヌ狙いである。上陸すると宿さん夫妻も釣りに来られていた。狙いの潮まで時間があるので、ゆっくりとコマセ作りと仕掛けの準備をしていると、ポチが早くもフライング気味で釣り始める。ところが一投目で竿が真っ二つに折れ唖然・・・。

いつものところ

なんとか予備の竿が見つかり釣りを再開することができたが、いくらなんでもそんなところから折れるか?肝心の釣りは狙いの時間でも本命のあたりなし。日が暮れてから、ようやく大きな魚が掛かりポチにタモ入れしてもらいライトで照らすとなんとカサゴの親分。最初は魚種が判らず宿さんに確認してもらったくらいの大きさだった。しかし、またまた本命坊主で残念〜これからしばらくは本命は厳しいかも知れない。隠れ本命タコで勝負しようかな・・・  おしまい
続きを読む
posted by こじこじ at 21:19| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

GW前半戦(筏釣り)

「アタリの数だけ獲る努力」と言ったのはヤエン釣りの名手、岡啓太郎だ。アタリの数だけ獲れ、ではなく、努力と言うところが、この釣りの難しさを物語っている。

こじこじの荷物

今回は前回急用で来れなかったイカ名人との釣行である。筏も先週と同じで、アタリが連発するようなら二桁も夢ではない。ところが、この日はまったくアタリがない。おかしい、朝一番で投入した活きアジが3時間経っても元気に泳いでいる。先週と同じ筏なのに渋い、渋すぎる。活きアジも大量50匹も用意したのに悔しい。

どないなっとんねん

午後になると突風・雨・雷で釣りどころではない。竿を持つ手がビリビリと電気?が走る。これってやばくない。いやいや相当やばいよ。で、早めに片付けて迎えの船を待つこじこじと名人であった。
釣果はこじこじが1パイ、名人3パイ+小タコ     つづく

ひゅうぅ〜〜
posted by こじこじ at 22:18| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

春アオリ(筏編)

「ヤエンは奥が深いよ、だから一度やるとみんなはまるんや」今回お世話になった筏を営業している船長の台詞だ。その筏でアオリイカが好調との情報があった。すぐにイカ名人と釣行計画を立てたものの、名人が突然仕事となり計画そのものが暗礁に乗り上げたが、せっかく筏を予約したのでキャンセルするのも、もったいないと名人の代わりにみーこと予定通り筏釣りに行くことにした。イカ釣りは難しいから他の釣りをしたいとみーこ。船長に相談すると、コマセを撒いて浮きで流せばグレが釣れるとのことで、みーこはグレ釣り。こじこじは活きアジを泳がせてのヤエンでアオリイカを狙うことにした。今回乗った筏はかなりぼろぼろで、継ぎ接ぎが目立ち今にも板が抜け落ちそうな所もあり危険だ。

今回乗った筏

早速みーこの釣りの準備を済ませ、2本の竿でアジを投入してアオリのあたりを待つ。すると5分と経たないうちに1本の竿にあたりがあり、ドラグがジージーと鳴り出す。数分待ってヤエン投入するが掛からず残念。その後もあたりはあるものの、ヤエンで掛けることができない。どうやら大きいイカと小さいイカがいるらしく、ヤエンの投入時期やヤエンのサイズの選択、さらに寄せるタイミングがそれぞれ違ってくることで判断を難しくしている。常連&ベテラン釣り師であれば、初期のあたりでおおむねイカのサイズが判別できるのだが、こじこじにはそこまでの経験もなく判らない。

おのれ〜

大は小を兼ねるでLサイズのヤエンを投入すると、胴長20cm未満のイカだとヤエン到着前に警戒されて逃げられてしまう。Sサイズを投入すると大きいイカだと掛かっても足1本とかで取り込む前にバラシてしまう。加えてギャフを使ったことがないみーこにアシスタントは無理!全て一人でやるために取り込み率がさらに落ちてしまう。

いまいちでした

今日釣りに来れなかったイカ名人から何度もメールが入るが、2杯しか釣れずにいい返事ができなかった。みーこのグレ釣りは手の平級が主体ながら30cmオーバーも釣るなど、そこそこの釣果であった。ヤエンは奥が深い・・・・しみじみ・・・また来るぞ〜(来週とのうわさが)おしまい♪

また来るぞ〜
posted by こじこじ at 20:48| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

浜名湖釣行記(まさかの撤収)

今日は知人の鳩さんがボートを購入するのに付き合ってほしいとのことで、午前中から浜名湖に向かうことにした。こじこじとしては、夕方の釣りができればいいので時間は十分にある。ボート購入の件はトントン拍子に話しが進み商談成立。また一人ボート族が増えた。そして、ちょっと早いが午後からHGに鳩さんと向かう。ポイントに着くと先端では名手クロツブさんが竿を出していたが、魚の反応はいまいちのようで苦戦していた。チャンスは夕方で時間はまだまだある。今回はコマセもしっかり用意してきたので、せこく使わなくても大丈夫。潮が上げてきたころに宿さん夫妻登場。その他マイボートで一人上陸して堤防も賑やかになってきた。

スーパー夫妻です

しかし、魚の反応は悪く激流となってからはお手上げ状態。押し込んでくる潮で鳩さんは根掛かりを連発する。そしてついに鳩さんが切れた。「もう飽きた、釣れんから帰ろう」え、え〜っ夕方にチャンスが来ますってば。こじこじも必死で説得するが、「もういい、帰る」の言葉にがっくり・・・前回の釣行記にも書いたが、この海況でこの時間に釣りに来たら「何も釣れない、二度と来ないぞ」となる訳で、鳩さんはまさにそのパターンにはまってしまった。その後、宿さん夫妻が本命を複数釣ったことは言うまでもない。めでたしめでたし・・・・こじこじ坊主!!おぼえてろよー!!

涙の撤収
posted by こじこじ at 21:24| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

浜名湖釣行記(スイッチ入らず)

今日は本命チヌを夕方の潮で狙い、日中は裏本命?のタコを狙う作戦で浜名湖に向かうことにした。みーこは仕事のため単独釣行である。ボートに乗り出船しようとするが、エンジンが掛からない。あれやこれやと試すがうんともすんともいわない。これ以上は無理とマリーナさんにヘルプの連絡をすると、すぐに駆けつけてくれた。どうやらケーブルの接触不良のようで、今後の対策が必要とのこと。とりあえずエンジンが掛かり出船することができた。マリーナさんいつもいつもありがとう。

神様仏様はしくに様

ポイントに到着して、タコを狙うことにしたが、タコ狙いの釣り師が他にも3人ほど探っている。なんとか1杯釣ろうと今回は疑似餌ではなく、冷凍カニで勝負に出るが反応なし。あまり探ったことのないエリアまで足を伸ばすが、これが裏目に出てしまい根掛かりで痛恨のテンヤ&冷凍カニをロスト。しぶしぶタコをあきらめチヌを狙うことにしたが、こちらも潮が動かずエサ盗りすら釣れない。この海況で初めてこの場所に釣りに来た人からは、こんな釣れないところ二度と来ないぞ!!と、言われそうである。

これじゃ〜釣れない

時は流れ17時ころから潮がゆっくりと動き出す。ここからが勝負とせこく温存していたコマセを狙いのポイントに入れて仕掛けを流していく。メバル、ベラ、カサゴがあたり出す。そろそろ本命の予感と集中して浮きを流すと、スパっと浮きが消し込みチンタが釣れた。次もチンタ、その次もチンタ。どうやらチンタが群れているようで、ここを突破しないとサイズアップは望めそうもない。コマセの投入と仕掛けを入れるタイミングをずらしてチンタゾーンの突破を計ると27cm、33cm、35cmとチヌもサイズアップして釣れ出し、これでスイッチが入るかと思っていたら、どこからともなく漁師がやってきて網を入れて終了〜。くぅ〜これからという時に残念!!

なんとか釣れました

posted by こじこじ at 21:54| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

浜名湖釣行記(サイズダウン!!)

今日はみーこと浜名湖釣行であるが、狙いは午後。昼前に海釣り公園に到着し、ここで早弁を済ませてHGに向う。

海湖館のタコ

海湖館のチンタ

出船したころは干潮で海草が水面まで出ており、これがボートのスクリューに絡むとやっかいなので、西側の水深のあるところに係留し、ここからポイントまでひたすら歩いた。潮の濁りはいいが、東からの風が強く釣り難い。加えてD特有の激流ではお手上げ状態。

前半はチンタのみ

するとここにmakomako師匠とkentさん登場でびっくり!!お互いの健闘を祈って釣りを再開するもだめなものはだめ。みーこは食材確保とちっちゃいものをサビキで狙うが、こちらもさっぱり。コマセも残りが少ないので潮が緩む日没のラストチャンスに取って置くことにした。そして電気浮きにチェンジしてから気合を入れて釣ると、本命のあたりが連発するがチビばかり。なんとか27cmのチヌを釣るのが精一杯だった。

小さい獲物ばかり


続きを読む
posted by こじこじ at 21:56| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

浜名湖釣行記(最年少記録)

今日は同僚ポチと92君親子の4人で釣行した。暴風だと出船中止だったが、早朝、風はあるものの、出船可能と判断し沖堤に向かう。ポイントに到着すると昨日降った大雨の影響なのか潮の濁りはいい。残念なのは水温が前回より2℃ほど低く、魚の活性が良くない。ならばと、コマセの入ったバッカンを2ヶ所用意して、広範囲にリレー方式で探ることにした。しかし思ったとおり厳しく、メバル・クジメ・アイナメ・フグなど、低水温に強い魚しか釣れない。泳いでいる魚が見えた前回よりもあきらかに海況が悪く、今日もだめかと、あきらめ気味で釣っていたら、浮きがユラユラと沈んでいき、見えなくなるまで我慢して合わせるとアイナメとは違う重量感&強力な引きで本命チヌゲット!うれしい〜♪その後、2枚目を狙うがさっぱりあたらず、途中タコ狙いでテンヤも引くが反応なし。下げ潮になり仕掛けをべた底で流していたポチにカレイが釣れるが、あとが続かず、お昼ごろだんだん風が強くなってきたため、予定より早く撤収した。

ポチが釣ったカレイ

全員の釣果です

92パパ&U君


続きを読む
posted by こじこじ at 20:43| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

浜名湖釣行記(その他いろいろ)

今日は早朝狙いでHGに向かう。今回みーこは午前中仕事のため単独釣行である。ポイントは上げ潮の真っ最中であるが、浮きを流してチヌを狙う。相変らず強風で釣り難いが、潮も適度の濁りでいい感じ。ところが、何度流しても釣れてくるのは小メバル・クジメ・ベラばかりで本命からのあたりがない。やっと掛かった重量感ある魚は30cmのアイナメで残念。海の中はちっちゃいものが沢山泳いでいる。ここからは食材確保とサビキでこれを50匹くらい釣った。

ちっちゃいものばかり

我が家で昼食を済ませ、午後からはマテ貝をみーこと採りに行く。小さいのは見逃して大きいのだけを狙うことにした。終盤になってみーこがマテの巣を発見したらしく、10ヶ所くらいの穴からマテが顔を出しては引っ込む、を繰り返しており、まるでもぐら叩き状態で戸惑うみーこを眺めてクスッと笑うこじこじであった。

出ては引っ込む

その夜は同僚11名とボーリング大会である。3人1組で4チームに分かれてのチームトータル戦だが、こじこじはマイボウラーのため、1人少ない2人だけのチーム編成となった。もちろんノーハンデである。3ゲートータルで最下位チームがトップチームに夕食をおごらなければならないため負けられない。ところが他のチームが予想以上に好調でこじこじがどんなにストライクを取っても差は開くばかり、3ゲーム目は流石に疲れてきてヘロヘロになり、1人少ないハンデを埋めることができず最下位で終了〜くそ!就寝は0時ころとなった。



で、翌日は4時起きで知人のKさんとまたまた浜名湖に向かう。今日こそはチヌを釣りたい!途中名手クロさんも登場して、今年の浜名湖もいよいよ開幕の予感!!ところが気合が空回りで本命のあたりがない。早朝は風も穏やかで潮の色もいい。満潮に向かって潮の動きも悪くない。それなのに釣れてくるのは昨日と同じで小メバル・クジメ・ベラ・小グレのみ。

メバル

今日はナイスバディーのアイナメも釣れない。水面下にキラキラ光るちっちゃいものが気になってしょうがない。またサビキ?そんな浮気心が出てきた時にKさんが掛けた。でぶっと中年腹のチヌ37cmである。Kさん今年第1号おめでとう〜。

うう、やられた〜

きっといまからパタパタと釣れるはずだと期待は膨らむが何もドキドキすることなく潮が止まり坊主確定で連敗を更新。さらに今回は食材確保が何もないことに気が付いた。手ぶらで帰るとこじこじ&みーこ条約第2条第3項の「釣りで食材確保なき場合は釣りに行った者の責任で外食代金を持つべし」に該当し、昨日に続き外食では、こじこじのお小遣いが無くなってしまう。そこでテンヤを引っ張り今年初となるタコを狙うことにした。あちこち探って1杯ゲット。

タコ釣れました

タコが釣れて、よかったよかったと思っていたら、この時間延長が致命的となり午後から大雨。どしゃぶりの中、濡れネズミのように帰るこじこじであった。はぁ〜疲れた。なんのまだまだ!!こじこじの挑戦は続く。

posted by こじこじ at 17:42| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。