2007年03月21日

浜名湖釣行記(みーこに負けた)

ボートにも車の車検と同じように船検がある。こじこじ丸も船検の手続きが終了したので、マリーナにみーこと向う。海況が良ければ夕方から釣りの予定だが、強風で厳しい。どうしようか悩んでいると、ここまで来たら行こうとみーこが言う。行ってだめならすぐに撤収すればいいか。

干潮で上陸するのも苦労します

ポイントに到着すると潮の濁りはいい。これなら釣れるかも知れないとすぐに釣りを開始するが、強風のため仕掛けが安定しない。加えて上げ潮の激流に浮きは翻弄されっぱなし。それでも時々ベラ、小メバルなどが釣れてくる。今日は日没で終了するため時間がない。陽が傾きかけた頃に待望のあたり、これは本命だろうと思ったら針外れで痛恨のバラシ。その後、ナイスバディーのアイナメが釣れて、ジアイ突入を予感。
アイナメをスカリに入れていると、みーこが掛けた。げげ、あの引きは本命だ。35cmのチヌをゲット。

今年第1号

今年第一号が釣れて良かったね。と、ここまではまだまだ余裕があったのだが、直後にまたみーこが掛けるではないか。ええーうそだろう!!なんでー??この時点で夕陽は遠州灘に沈みかけている。

タイムアップ寸前

もう、終わり?なんのまだまだ沈むまでじゃ!無駄な抵抗をするものの、あたりなしで陽が暮れて終了〜。やられた〜チッキショー!!
続きを読む
posted by こじこじ at 21:59| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

春アオリを求めて(ボートエギング)

昨年一度も出来なかった春アオリに今回挑戦することにした。情報では三重県ではぼちぼち釣果があり、レンタルボートなら効率よくポイントを探れるのが魅力で船外機付きボートを予約した。ちなみにこじこじは素人であるため、ボートの操船に重点を置き、名人に沢山釣ってもらってお土産を確保しようというのが作戦。名人曰く30杯は釣るぜ!頼もしい限りである。ところが当日は物凄い強風&うねり、一番実績のある沖の瀬には行けそうもない。やむを得ず風裏になる岬の反対側で釣ることにするが、強風には変わらない。アンカーを入れてもボートが流されてしまう。エギで着底を確認するどころか、狙ったポイントに投げるのも難しい状況だ。岸近くのワンドになっているところまで寄らないと釣りにならない。

あの島まで行きたかった

名人のエギに小タコがヒットしたので、名人はしっかり底取りができているようだ。こじこじは基本も何もないので、すべてが適当であるが、突然重くなり、何かが掛かった。これが本命なのかもわからず、水面まで来たところでアオリイカであることに気がついた。わおー!まぐれで釣れちゃったー!!その後、またアオリイカをゲットしちゃった!なんだかよくわからんが、うれしい♪

ビギナーズラック!!

名人もここから挽回かと思われた矢先になんと竿が真っ二つに折れてしまい、これでテンションが急下降してしまったのか、まさかの坊主に終わってしまった。残念〜!

最後まであきらめません

続きを読む
posted by こじこじ at 21:45| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

浜名湖釣行記(アサリ&釣り)

この日は午後からみーこと浜名湖に向かうが、アサリ掘りもやるため時間短縮で高速道路を利用した。現地着が15時で日没前後は釣りの予定なので、アサリ掘りは60分限定である。昨年の実績場を攻めるが、あまり出てこない。ビックサイズで今夜は鉄板焼きの思惑はもろくも崩れた。



次はHGでのチヌ狙い、こちらが本命であるので気合を入れて出船するが、まだ潮位が低くてマイポントまでボートで行けず、西側の堤防に係留し、重いHGに到着するとコマセ作りはみーこの役目でこじこじは仕掛け作りを急ぐ。手際よく準備ができ早速釣りを開始しようと思ったら沖から漁師の船が来て、杭を打ち網が入ってしまった。こりゃだめだ。網の入ってないポイントを探しながら釣り歩くが、ベラ・メバル・カサゴが釣れて終了〜。だめじゃん!

これじゃむり
続きを読む
posted by こじこじ at 20:35| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

三重釣行記(釣堀も厳しい)

暖冬とはいえ、釣りには厳しい季節である。HGの浜名湖では中々結果が出ないので、三重県まで遠征する計画を釣り仲間のJと立てることにした。遠征するからには外れが無いようにしたい。それならば釣堀がいいとなるが、釣堀は料金が高いのでは?「いえいえ、通常料金の半額で釣り放題の釣堀があるんですよ」とJ。ほう半額で釣り放題とはおいしい話しだな。ただし、魚の放流はなし。筏釣りや渡船の料金程度で高級魚を狙えるなら釣行する価値はある。計画はとんとん拍子で進み、前日の夜出発。途中、スーパーで甘エビ・小イカ・イワシ・コウナゴを、エサ屋でオキアミ・シラサエビと団子を数種類購入した。翌朝受付を済ませて釣堀のある筏までは桟橋から船に乗ることになる。平日だから釣り人は少ないだろうと思ったらとんでもない。100人以上が桟橋に溢れ、渡してくれる船も4,5隻あり、まるで通勤ラッシュの電車状態。こりゃたまらん、君たち、ちゃんと働いとるんか!(おまえもなー)

通勤ラッシュ!!

沖の筏へGO!

超満員の船は沖に浮かぶ筏に着くと釣り人の名前をマイクで呼び、呼ばれた人から筏に降りていく。程なくこじこじとJも呼ばれ、指定された筏に乗ったが、素早く釣りの準備ができた常連達は乗って5分と掛からないうちに竿を曲げているではないか。むむっ、早くも出遅れている。遅れること10分こじこじも竿を出す。まずは得意のオキアミで勝負するがノーアタリ。次に団子のエサを投入すると、浮きがツツーと沈み、真鯛ゲット。しばらくして2枚目ゲット。完全に出遅れていたJも真鯛を連続ヒットさせており、今日は爆釣か〜と喜んだのも束の間で朝のゴールデンタイム終了〜。しかも魚の放流もないため、その後、魚の活性もまったく上がらず、終わってみれば、こじこじ真鯛4枚、Jが真鯛3枚の釣果であった。

釣れないんだなこれが・・・

付近は筏だらけ

常連釣り師は青物を含め10匹以上釣っていたが、まったくの坊主という人もいたので、誰でも釣れる釣堀と思ったら大きな間違いである。いろんなエサをローテーションしたが、今まで釣られずに生き残っただけのことはあり、想像以上に魚がスレていることを痛感した。

2人の釣果

続きを読む
posted by こじこじ at 14:05| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

浜名湖釣行記(エンジン好調、釣りは不調)

ドック入りしたこじこじ丸のエンジン点検と船底塗料が終了したので、天気が良ければ早朝だけHGで釣りをしようと道具一式積んで浜名湖に向かった。現地に着くと天気はいいものの風が強い。みーこ同伴ではちょっと厳しいが、強風になれば即終了ということで出船することにした。

日の出開始

日の出と同時に釣り開始、他にはタコ専が1人いるだけの寂しい堤防である。潮は今年一番?と思われるくらい濁りがありいい感じ。水温を測ると12℃しかない。これで水温が高ければチャンスだったのだが、中々いい条件には恵まれないものだ。みーこと浮きを何度も流すものの本命のあたりはない。時々釣れてくるのは、チビメバル、クジメ、ベラくらい。そんな中、浮きがゆらゆらと沈んでいき、合わせると重い。やった本命だ!!と思わず口に出してしまった。ところが、途中で首を左右に振る感触があり、これはまさか・・・アイナメだった〜残念。その後、さらに強風となり、体も冷えてきたので撤収したが、みーこは魚どころか、ヒトデすら釣れなかった。

アイナメ君

港に帰るとマリーナさんが、偶然、朝の散歩中であった。「調子はどうだった!?」の問いかけに、全然だめですよ〜と答えたら、「え、え〜」と驚いた表情をされていた。マリーナさんはエンジンの調子はどう?と質問されていたのに対し、こじこじは釣りの事だと勘違いしていたのだ。エンジンはバッチグーですよ〜♪♪   おしまい
続きを読む
posted by こじこじ at 20:24| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

浜名湖釣行記(本当に漂流?)

週末休みが無いので、今回も平日釣行である。今日はみーこも参戦することになった。早朝上陸した時は無風で小グレらしき群れがたくさん見える。チビ達の活性は高いようなので、本命チヌも喰ってくるかも知れない。期待に胸膨らませながらオキアミのエサを流すが、エサが持たずに膨らんだ期待はしぼんでいく。浮きに変化が出ても針掛かりしない状況が続くが、正体はベラであった。その他、アイナメ・小グレがあたってくるのみ。相変わらず潮は澄んでいて厳しい。この時期に濁りは期待できないのか?それでも例年より水温が高めなので、ヘチすれすれを擦るように探って本命が釣れた。2枚目を狙うが潮止まりでタイムアップ!!みーこは小グレ&ヒトデで残念〜。

食材確保!

ヒトデ〜ププッ

ボートで帰る途中、航路目前で突然エンジンがプスンと止まる。ややっ、ついにエンジントラブルで漂流か!?と思ったらガス欠だった。予備タンクに切り替えて無事帰ることができたが、あぶないあぶない・・・おしまい

あれれ〜漂流

帰ってから野良仕事
posted by こじこじ at 18:45| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

浜名湖釣行記(エンジン不調)

1月12日、早朝狙いで釣行したが、見事撃沈!!この日は、どうもエンジンの調子が悪く、エンジンはすぐに掛かるのだが、ニュートラルから前進・後進に切り替えるとプスン・・と止まってしまう。何回か繰り返して、ようやく動いたが、沖堤に到着してレバーをニュートラルに戻すと、またプスンと止まってしまった。浜名湖漂流記はごめんだ。そろそろ点検の時期なのかも知れない。

アイナメ君

メバルちゃん

1月22日、魚が食べたい、小さくても食べられる魚なら持ってきて。と、みーこから要望が出た。我が家の家計も月末で厳しくなってきたか。今日はアイナメ・メバル・カサゴもウエルカムであるが、上げ潮は激流となり釣りにならない。潮が緩んだころにポツポツとコッパグレが掛かり、本命のチヌが釣れた。ばんざーい!その後、さっぱり・・・・

34cmのチヌ君

続きを読む
posted by こじこじ at 18:01| 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

浜名湖釣行記(初釣り&初ゲット)

新しい年の幕開けである。初釣りは浜名湖でお世話になっている方達と早朝沖堤でチヌを狙う。分かってはいたが大潮で激流のため釣り難い、仕掛けを投入してもぴゅーと流されてしまう。8時ころに終了予定なので時間がない。堤防の上を歩いては戻り、また歩いては戻るを繰り返すがあたりなし。新春第1号はお預けかなと思っていたら玉五朗さんが掛けた。少し潮が緩くなったほんの一瞬の出来事だった。こじこじの初釣りは坊主でまだまだ修行が足りないことを痛感!!  つづく

初釣りは坊主

二日目はみーこ同伴を条件に釣行許可が出たので昨日同様、早朝狙いでHGに上陸した。今日も風は無く穏やかな釣り日和である。水温は昨年より高めで推移しているため、次に来るであろう寒波の前に何とか1枚ゲットしたい。水温が安定しているのかエサ盗りのあたりも活発でみーこも飽きずに釣っている。これはチャーンス!!深く奥へ奥へと根掛かりで仕掛けが切れようとも何度もポイントに投入して今年第1・2号の本命ゲットに成功♪みーこの初ゲットはメバルで終了〜釣れてよかったよかった。  おしまい

メバルゲット!

チヌ獲ったどー
posted by こじこじ at 19:41| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

浜名湖釣行記(今年最後の釣り)

今日は大晦日、泣いても笑っても今年最後の日である。昨日までの強風も収まりなんとか釣りができそうとHGに向う。今回はみーこも同行することになった。上陸して早速釣りを開始すると、何かあたって上げてみると小チヌが釣れた。これはいけるかも!!と思ったが、その後エサ盗りすらあたらず厳しい釣りとなってしまった。最終的に夕方まで粘って1枚釣ることができた。今年最後の釣りはいまいちの釣果だったけど、大晦日に好きな釣りができて良かった良かった♪   2006年 完

穏やかな日でした

今年最後の獲物
続きを読む
posted by こじこじ at 21:13| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

浜名湖釣行記(突風に負けた)

爆弾低気圧なるものがようやく去り、次にやってくるのが大寒波。その僅かな時間差を狙い、こじこじは一人HGに立つ。今回は濁りもありいい感じだ。

どんよりとしていい感じ

早速仕掛けを流すと、1投目からもぞもぞとしたあたりがくる。微妙にタナを調整しつつ自分の得意なあたりがくるように組み立てていく。そして早くも3投目で押さえるあたり、浮きがゆっくりと沈んでいき、少し待って合わせると本命チヌだった。それから数分後にまた1枚、次も掛かり2連チャン、次も浮きがゆらゆらと沈んで、これは笑いが止まらない。うりゃあぁ…と合わせると、スカっと空振りで3連チャンとはいかなかったものの、その次に流してまた1枚ゲット。30分で早くも4枚釣れた。

入れ食い

今日は爆釣で帰ったらチヌパーティーだぜ。なんて考えながら流していくと、また浮きが沈み掛けるが痛恨のバラシ。やってしもうた。逃げたチヌは周辺に居るであろう群れを引き連れてどこかへ行ってしまったのか?しばらく魚の気配が無くなってしまった。それでも30分くらいすると、もぞもぞと浮きに変化が出て、アイナメ、チンタ混じりでチヌ3枚追加。これは二桁楽勝かと思っていたら、突風が吹いてきて、沖堤の悲しさか、ボートで帰れなくなるとやばいので、あっと言う間に撤収となりました。   おしまい

もっと釣りたかった
posted by こじこじ at 17:02| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。